【三浦工業株式会社】燃料電池向けメンテナンス部門設立のお知らせ

PR TIMES / 2020年3月11日 16時55分

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(本社:愛媛県松山市、社長:宮内大介)は、2020年4月1日より、業務用燃料電池を対象としたメンテナンスサービスを提供する部門を新たに設立いたします。

 弊社は、固体酸化物形燃料電池(SOFC)を用いた、都市ガスを燃料とし電気と熱を生み出すコージェネレーションシステムの商品化に取り組んできました。2019年10月には、発電効率と信頼性を向上した新型モデルである「業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池システム FC-5B型」*1を発売開始しております。
 今後の日本国内での事業展開に合わせ、燃料電池を専門に扱うメンテナンス部門を関東、中部、近畿、九州に設置し、お客様に対して、より迅速かつ高品質なサービスを提供してまいります。

 燃料電池は、水素と酸素の化学反応から電気を取り出す技術です。水素は再生可能エネルギーや天然ガスといった様々なエネルギー源から創出可能であるため、環境負荷低減への寄与が期待されています。また、分散型電源として災害時の電源としての側面も注目されています。こうした期待から、政府や地方自治体による燃料電池の導入支援がなされています。

 今後も燃料電池の導入を通じて、省エネルギーや施設の事業継続計画(BCP)に貢献してまいります。

*1…FC-5B型は、パートナーであるCeres Power社と共同で開発した製品となります。
独自のSteel Cell(R)技術は、セルスタックの高い耐久性、汎用的な材料の使用および量産
プロセスによる製造を可能としています。(Steel Cell(R)は、Ceres Power社の登録商標です)

以上

【過去の関連情報はこちら】
●業務用燃料電池システムをモデルチェンジ!「FC-5B型」販売開始(2019/6/20発行)
http://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/2019/06/20/1400.html

【商品に関するお問い合わせ】
●同FC事業開発部 FC販売課:TEL:03-5793-1060/住所:東京都港区高輪2丁目15-35 三浦高輪ビル1F

【メンテナンスに関するお問い合わせ】
●同 関東メンテ技術推進部 関東新事業メンテ技術課 関東FCメンテ:TEL:03-5736-1781/住所:東京都大田区西糀谷2丁目27-9
●同 中部メンテ技術推進部 中部新事業メンテ技術課 中部FCメンテ:TEL:052-400-5231/住所:愛知県清須市西田中蓮池95
●同 近畿メンテ技術推進部 近畿新事業メンテ技術課 近畿FCメンテ:TEL:072-980-5155/住所:大阪府東大阪市西石切町7丁目5-1 三浦大阪ビル2F
●同 九州メンテ技術推進部 九州新事業メンテ技術課 九州FCメンテ:TEL:092-451-4451/住所:福岡県福岡市博多区上牟田1丁目24-20 三浦福岡ビル2F


<三浦工業株式会社の会社概要>
ミウラは2019年5月1日で、設立60周年を迎えました!
60周年記念サイトはこちら⇒ http://www.miuraz.co.jp/60th/
■社名:三浦工業株式会社( http://www.miuraz.co.jp/
■事業内容:小型貫流ボイラ・舶用ボイラ・排ガスボイラ・水処理装置・食品機器・滅菌器・薬品等の製造販売、メンテナンス、環境計量証明業 等
■本社:愛媛県松山市堀江町7番地 〒799‐2696
■設立:1959年5月1日
■代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 宮内 大介
■資本金:95億4400万円(2019年3月31日現在)
■ 従業員数 :単独3,090名、連結5,690名(2019年3月31日現在)
グループ5,726名(うち海外1,664名) ※正社員・準社員のみ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング