BiNDのクラウドサービス 「BiND Cloud」が登場。ベータ版を2014年7月1日(火)より提供開始。

PR TIMES / 2014年7月1日 16時22分

ショッピングカートからWebフォントまで、 無料でとことん使えるオンラインWeb作成サービスが実現。



株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:熊崎隆人)は、ウェブ制作ソフトウェア「BiND for WebLiFE*」(バインド・フォー・ウェブライフ、以下BiND)をクラウド化した、オンラインホームページ作成サービス「BiND Cloud(バインド・クラウド、以下BiNDクラウド)」の提供を開始することを発表いたします。本日2014年7月1日(火)よりベータ版のサービスを開始し、今夏より正式スタートいたします。


BiNDクラウドでは、BiNDの最新バージョンBiND7の搭載機能をほぼクラウド化し、ネットワーク環境における快適で充実したオンラインサービスを実現しました。画像が作成できる「SiGN Pro(サイン・プロ)」やjQueryベースのスライドショーが作れる「SHiFT2(シフト2)」、ショッピングカート機能、外部サービス連携機能など、ウェブ制作をバックアップするBiNDのあらゆる機能を無料(初年度)で利用することができます。

コースは利用者のニーズに合わせて3コースを用意しました。ショッピングカート機能から日本語Webフォントまで、こだわりのウェブサイトを無料で作成できるエントリーコース(初年度無料、2年目以降480円/月)、これらの機能に加えて、独自ドメイン対応やメールサービス、FTP機能までを備えたプロコース(2,980円/月)、1コースで20ライセンスまで利用できるビジネスコース(9,800円/月)の3つです。

なおBiNDクラウドの正式版リリース時より、現在WebLiFE*サーバー・プレミアムコースの契約者は、BiNDクラウド・プロコースに追加費用なくコース変更ができるほか、新規契約者には、プロコースを1,980円/月(年契約を月換算した場合)で提供する期間限定の特別キャンペーンを実施いたします。

今後、BiNDクラウドは、インターネットでの情報発信を必要とする幅広い層にリーチする総合的なクラウドサービスとして、大きく展開してまいります。

※表示価格はすべて税抜価格


---
《BiNDクラウドの主な機能》

【豊富なテンプレートとカスタマイズ自由なブロック編集】
■新作テンプレート追加。特許取得の編集機能で思うままに

デザイン性を誇るBiNDのテンプレートに新たなデザイン4種類を追加しました。
企業、ショップ、サービス、ライフスタイル、イベントなどの様々なジャンルのテンプレートをベースに、特許取得のブロック編集機能を使ってレイアウト変更などのカスタマイズも自由自在に行うことが可能です。HTMLやCSSの知識がなくても思うようにデザインできる、BiNDの真骨頂です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング