社会人1年目と2年目の意識調査

PR TIMES / 2014年4月15日 18時14分

このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 井原 勝美)は、2014年3月10日~3月17日の8日間、この春就職する、または、就職してから1年経つ20~29歳の男女に対し、「社会人1年目と2年目の意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)



◆社会人1年目で充実させたいことは「スキルアップ」になんと「貯蓄」!約6人に1人は「恋愛」
◆新社会人の落とし穴?入社後に気づいたギャップ トップは「仕事量の多さ」
◆新社会人の3割が抱く感想「想像以上に金銭的に余裕がない」

新社会人は、社会人1年目の生活でどのようなことを充実させたいと思っているのでしょうか。

この春就職する“社会人1年生”500名と、就職してから1年経つ“社会人2年生”500名(合計1,000名、全回答者)に対し、社会人1年目で充実させたいと思う(思っていた)ことは何か聞いたところ、「業務知識習得」(58.8%)と「貯蓄」(56.8%)、「業務技能習得」(56.4%)がトップ3となりました。社会人としての新生活をスタートする1年では、仕事の知識や技能を吸収しスキルアップすることと、貯蓄をすることに注力したいと考えている人が多いようです。以降も「社内での人脈づくり」(45.1%)や「仕事で成果を出すこと」(38.2%)といった仕事関連の項目が上位となり、プライベート関連では、「趣味」が37.7%、「親孝行」が25.0%、「恋愛」が16.1%となりました。
それでは、実際に社会人1年目の生活は、事前に思い描いたように過ごせたのでしょうか。

社会人2年生(500名)に対し、イメージしていた社会人1年目の生活と実際の生活とで、ギャップがあって驚いたことは何か聞いたところ、「忙しい(仕事量が多い)」(45.4%)と「覚えることが多い(業務範囲が広い)」(43.6%)が4割台で続きました。半数近くの新社会人は、想像以上の忙しさや覚えることの多さに驚きを感じたようです。また、「金銭的に余裕がない(社会人生活にお金がかかる)」は30.6%となり、金銭的なプランニングが甘かったと後悔する人も少なくないことがわかります。さらに、仕事の忙しさや適切でない業務時間管理のためか、「サービス残業がある」(26.8%)も上位回答となりました。

◆社会人1年目にかかった費用 身だしなみに年平均5万8千円、自己投資に3万5千円
◆社会人1年目の貯蓄額 平均43万円、実家に入れた額は平均17万4千円

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング