【スターバックス、ザ・ボディショップのCEOが、現場の社員に6年間送っていた「マネジメントレター」の中身とは?】

PR TIMES / 2012年11月26日 10時21分

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2012年11月に単行本『スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉』を刊行しました。



【35歳の、ある現役社員に向けた手紙】

本書の著者、岩田松雄さんは、日本コカ・コーラ常務、ザ・ボディショップCEOなどを経て、スターバックス コーヒー ジャパンでCEOを務めた「プロ経営者」です。


岩田さんはスターバックスとザ・ボディショップのCEOだった6年間、毎週月曜日に社員一人ひとりへのお手紙「マネジメントレター」を送っていました。

私たちは何のために仕事をするのか、つまり、一人ひとりが「ミッション(役割)」を意識してほしいと思ってのことでした。


本書は、その「マネジメントレター」の内容をもとに、著者のこれまでの経験を凝縮して、まとめたものです。


この31通の手紙は、今でも交流のあるスターバックスの現役社員“ハタ君”へ向けたメッセージとして、綴られたものです(二人は今でもお互いを「まっちゃん」「ハタ坊」と呼び合う関係です)。


【日本中でがんばる「主任」「課長」「係長」「マネジャー」に伝えたい言葉――それは当たり前で、難しいこと】


本書に出てくるのは、決して奇抜だったり斬新だったりする内容ではありません。

しかしそれは自分のことを「普通のおっさん」と呼ぶ岩田さんだからこそ、発信できる等身大のメッセージでもあります。


・得意分野がないのなら、「スーパーゼネラリスト」を目指せ
・「何をやるか」ではなく「なぜやるのか」を考えよ
・一人のお客さまより、一人の従業員のほうが百万倍大切
・なりたい人間を演じなさい。あとからそれが自分になる
・できる人が教えるのではない。教えるからできるようになる
・ほめ合う文化をつくれ。そうすれば良い決断ができる
・あなたが失敗しても会社は潰れない。安心しろ
・部下とは群れるな。ランチは一人でとれ
・正しい生活習慣は、必ずいい仕事につながる
・社長もアルバイトも、本社も現場も「役割」


などなど……


早稲田大学ビジネススクール、慶應SFC、グロービスなどでビジネスマン、学生から反響の多いエピソードが満載です。


【スターバックスが最高のサービスを生み出せる理由】


岩田さんのメッセージを読むなかで、

・スターバックスではなぜ本社を「サポートセンター」と呼ぶのか?

・スターバックスにはなぜ「マニュアルがない」のか?
・スターバックスのでは、なぜ「2番手、3番手のパートナー」が研修を担当するのか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング