1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

家庭用プラネタリウム初 光学式とデジタル式の“ハイブリッド式投影” 家庭用プラネタリウム ホームスター 「earth theater(アースシアター)」 新発売

PR TIMES / 2012年6月14日 12時28分



“シリーズ累計55万個” を販売した人気家庭用プラネタリウムから次世代機が登場
家庭用プラネタリウム初 光学式とデジタル式の“ハイブリッド式投影”

2012年11月22日 新発売

株式会社セガトイズ(代表取締役社長:鈴木義治/東京都渋谷区)は、家庭でプラネタリウムが楽しめる「HOMESTAR(ホームスター)」シリーズに、光学式とデジタル式の両方の投影方法を取り入れた新商品「earth theater(アースシアター)」(以下、アースシアター)(価格36,750円/税込)を2012年11月22日(木)に発売いたしますので、ご案内申し上げます。
従来の家庭用プラネタリウム『ホームスター』でかなわなかった、様々な映像表現を可能にし、ご自宅で満天の星空と臨場感ある映像を楽しめるようになりました。

【アースシアター 概要】
「アースシアター」は、光学式とデジタル式両方の技術を同時に再現する全く新しい投影方式の“次世代家庭用プラネタリウム”です。光学式投影の美しい星空(60,000個以上の星数を表現)に、このたびセガトイズが独自開発したLcos式デジタルプロジェクターを搭載した“ハイブリッド式投影”により、天空に広がる星空の世界をよりドラマチックに演出します。
また、サウンド機能も追加され、よりストーリー性と臨場感のある天空の旅を堪能できます。
今回の映像制作は宇宙と神話の世界を描くデジタルグラフィックアーティストKAGAYA氏の全面協力のもと制作。プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏との共同開発で生まれた『ホームスター』の満天の星空とKAGAYA氏の描く幻想的な世界観の映像の融合をご家庭でお楽しみ頂けます。

【企画背景】
夜間照明の過剰な使用等により星が見えにくい現代日本において、失われつつある星本来の持つ美しさを、多くの方々に自宅で手軽に体験してほしいという願いを込めて作られたホームスター。
「アースシアター」は、“星空エンターテインメント”として、世界中の人々の暮らしに、新しい感動・体験・体感を提案するために開発しました。新たなコミュニケーションの場や夢や感動、ステータスなど、「アースシアター」は、生活空間に付加価値を提供します。

【機能特徴】
<デジタル映像連動機能>
業務用に近いプラネタリウム効果を演出するために映像ソフトに特殊な信号を打ち込み、この信号によって星空側の光源をコントロールする機能を有しています。この機能により、映像シーンに合わせて星空側の投影の強弱、ON/OFFを自在にコントロールできます。

<サウンド機能>
左右に組み込まれた3W+3Wのステレオスピーカーが臨場感あるサウンドを再現します。LINEOUTを装備し、ご家庭のオーディオ機器からの音声出力も可能です。        

<映像角度調整機能>
さまざまなご家庭の天井面に光学投影とデジタル投影を美しく重ね合わせていただけるよう
プロジェクター側には5度の角度調整機能を持たせています。

<ノイズ低減機能>
この商品のために開発されたプロジェクターユニットは、家庭用プラネタリウムという特性を最大限考慮し、ファンレス式を採用。長時間の使用での安全性を十分配慮し大型のヒートシンクを搭載しています。

<投影コンテンツ>
本体に付属するのは1枚の恒星原板と2種類のアースシアター専用映像コンテンツが同梱。恒星原板はカートリッジ式であり既存HOMESTAR PROシリーズの原板をお使いいただけると共に新しい恒星原板の発売も予定されています。プロジェクター側の映像はSDカード式となっており、今後新しいコンテンツの発売を予定しております。

【投影内容について】
■地球の夜空 
「アースシアター」は、60,000個の星空の投影のほか、夜空に起こる様々な現象を映しだします。美しい天空のカーテン“オーロラ”、幻想的な“雪”、そしてきらめく“流星群”など、変わりゆく夜空を楽しめます。

■はやぶさの旅 
「アースシアター 」では、小惑星探査機『はやぶさ』が地球を飛び出して旅をした宇宙空間が楽しめます。


【大平貴之】
ギネス認定のプラネタリウム・クリエーター。 1998年にこれまでの100倍以上にあたる150万個の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表し、話題に。
2004年には日本科学未来館と共同開発した、投影星数560万個のMEGASTAR-II cosmos が
ギネスワールドレコーズに認定される。2011年7月には富士川楽座に設置した
MEGASTAR-IIBが新たにギネスワールドレコ―ズの認定を受けた。

【KAGAYA】
デジタルグラフィックアーティスト豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。 ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集めている。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」「スターリーテイルズ」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が世界的に行われている。
2011年には声優アーティスト水樹奈々のライブにて、東京ドームをプラネタリウムにする演出に協力。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka (カガヤユタカ)と命名されている。

【商品概要】
■商品名:「earth theater (アースシアター )」
■投影方法:光学式およびデジタル式(ハイブリッド式投影)
■付属品:ACアダプター、恒星原板1枚、earth theater専用映像コンテンツ(SDカード1枚に2種)、保証書
■商品サイズ:幅180×高220×奥行180(mm)
■光源: 3W 白色LED
■レンズ構成:光学側6枚 プロジェクター側3枚
■投影星数:約6万個
■投影範囲:最大約3mの円状(直径)
■角度調整:0度~90度
■素材:ABS、PC 他
■対象年齢:15才以上
■発売予定日:2012年11月22日(木曜日)
■希望小売価格:36,750円(税抜:35,000円)
■販売流通:家電量販店、オンライン通販、雑貨店、量販店、玩具専門店等
■著作権表記: (C)SEGATOYS

【HOMESTARとは】
「HOMESTAR」は、セガトイズとギネス認定のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏との共同開発により誕生しました。家庭用としては世界で初めて業務用・展示用と同じ光学(レンズ)式の投影方法を採用したプラネタリウムです。
シリーズでは、基本機種「HOMESTAR PRO 2nd Edition」をはじめ、最高機種の「HOMESTAR EXTRA」、浴室でも投影可能な「HOMESTAR AQUA」などユーザーのニーズに合わせて様々な商品を販売しており、シリーズ全世界累計販売数55万個を売上げる人気シリーズです。

【商品サイトURL】
http://www.segatoys.co.jp/homestar/
【株式会社セガトイズ Webサイト】
http://www.segatoys.co.jp/






企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング