ダッソー・システムズ、Quintiqの買収を完了

PR TIMES / 2014年9月19日 14時41分

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを グローバル・ビジネス・オペレーション・プランニングにまで拡大

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウエア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、サプライチェーン・プランニング&オプティマイゼーション(SCP&O)ソフトウエアを、オンプレミスおよびクラウドで提供するリーダー企業、Quintiq社(本社:スヘルトーヘンボス、オランダ、以下Quintiq)の買収を、約2億5,000万ユーロで完了したことを発表しました。従業員800名を擁するQuintiqは、オペレーション・プランニング・ソフトウエア(生産、物流、人員配置を計画するためのソフトウエア・アプリケーション、業務計画策定・最適化支援ソフトウエア)を提供しており、主要な産業アナリストから同市場のリーディング・カンパニーとして評価されています。Quintiqのソリューションは現在、顧客250社、世界90か国以上の1,000拠点で使用されています。



Quintiqのソリュ―ションは、Novelis、 ASML、Lafarge、 AkzoNobel および アルセロール・ミッタルといった製造業各社の、極めて複雑な生産サプライチェーンのプランニングとスケジュール管理に使われています。また、(同社のソリューションは)DHL、ウォルマート、DB シェンカーおよびTNTといった極めて複雑な物流オペレーションにも使用されています。Quintiqはまた、ブリュッセル空港、KLM、カナダ国有鉄道、FAA(連邦航空局)のフルオペレーション・プランニングも実現しています。Quintiqはその先進的なオプティマイゼーション技術により差別化されています。すなわち、長期的かつ戦略的な計画策定から、日々のオペレーション管理まで、サプライチェーンの枠組みを超えて、オペレーション計画と最適化の全体をカバーするプラットフォーム・アプローチです。

建築資材の世界的大手であるLafarge社のSupply Chain Senior Vice-PresidentであるRachid Benyakhlef 氏は次のように述べています。「Lafarge社では最近、当社が事業を展開している64か国におけるセールス&オペレーション・プランニングとトランスポート・オプティマイゼーションのために、Quintiqを採用しました。Quintiqには従来のリソース・プランニング・ソフトウェアを遥かに超える機能があり、トップライン(売上高)やボトムライン(当期純利益)の改善機会を見つけることができます。ダッソー・システムズのQuintiq 買収をうれしく思います。イノベーションで知られる両社が一緒になることで、顧客には大きなバリューがもたらされることでしょう」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング