貝印が、調理器具のブランドを「Kai House(カイハウス)」に統一

PR TIMES / 2014年12月2日 19時1分

エントリーシリーズの「Kai House SELECT(カイハウス セレクト)」を順次展開

貝印株式会社(以下、貝印)は、数千種を超えるラインナップを誇る調理器具において、包丁や一部の調理器具を除き、2015年よりブランド名を「Kai House(カイハウス)」に統一し順次展開をしてまいります。

【ハイライン「カイハウス」】
料理家、シェフ、著名人をはじめ、貝印の文化をともに築いていただくたくさんのパートナーのみなさまとつくる生活を深く楽しむための道具です。

【エントリーライン「カイハウス セレクト」】
より多くの方々に、よりよい製品を。貝印が積みかさねてきた経験と、信頼の品質、お客さまとのコミュニケーションから生まれた毎日の心地よい暮らしのための道具です。

これまで、調理器具においては、「貝印」ブランドをはじめ、料理専門家のアドバイスにより開発されたシリーズ「料理家の逸品」、IHクッキングヒーターに最適な調理用品シリーズ「O.E.C」シリーズなど、製品の特性や専門家とのコラボレーションによりブランド名を変える事で、製品の幅を広げ多角的に展開してまいりました。今回のブランド統一においては、今後発売する新製品ならびに、これまでの製品ラインナップのカテゴリ再編を行い、パッケージを刷新いたします。これにより、オンラインストア上にて使用用途やジャンル別での検索性の向上を図るとともに、店頭での貝印ブランドの視認性を高める事を目的としています。

まずはじめに、「Kai House」の中でも、毎日の暮らしを支える身近なキッチンウェアを中心としたエントリーラインの「Kai House SELECT」を2014年より展開を開始し、今後、人気商品から順次品ぞろえを拡充してまいります。今後は、ハイライン、エントリーラインともに、全体的な見直しを実施し、現在発売中の「料理家の逸品」シリーズや「O.E.C」シリーズ、「野崎洋光がすすめる和食用調理道具」シリーズなどが順次パッケージを変更しラインナップいたします。

貝印は、今後もさまざまな調理シチュエーションに合わせた調理器具を提案し、お客様の快適なキッチンライフをサポートしてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング