【新常識!!】医療重度でも、退院する時代。最期まで自分らしく生きる、老人ホームの見極め方とは?

PR TIMES / 2018年4月18日 10時1分

~ 4/26(木)発刊 介護情報誌「あいらいふ 5月号」~

 「高齢者が重い病気になったら、入院し続けなければならない」というのは、以前の常識。今は「病と共存し、いつも通りの生活を最期まで」の時代です。今号は4つの病状別に、受入れできる老人ホームの実際を整理しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-445503-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-443292-2.jpg ]



【おすすめコンテンツ】


「医療重度の入居者を受け入れる「ホームの実際」 <前編> 」


[画像3: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-509298-4.jpg ]

「がん、経管栄養(胃ろう・腸ろう)、在宅酸素、人工透析と症例別にホームを選ぶポイントをご紹介」



「橋田壽賀子さんと練り上げた問題作」


[画像4: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-724633-1.jpg ]

文藝春秋の田代さんだけが知る『安楽死で死なせて下さい』上梓までの制作ドラマ。



「認知症初期集中支援チーム、ついに始動」


[画像5: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-760124-5.jpg ]

厚生労働省の林さんが、本年度に設置する、国家横断型の新プランを公開。



「地域の人が自然に集うホームなら最高!」


[画像6: https://prtimes.jp/i/9232/72/resize/d9232-72-750380-0.jpg ]

介護施設で暮らす、お父様の姿とも一致。鶴見辰吾さんが憧れる老齢期の暮らしは…

本誌の無料お取り寄せは、
「あいらいふ入居相談室サイト」
https://i-life.net/es/st01/
またはフリーダイヤル 0120-007-097 にて承ります。

月刊介護情報誌
『あいらいふ』編集部

【誌名】『あいらいふ 2018年5月号』
【発行部数】5万部
【配布場所】市区役所高齢者介護担当窓口・社会福祉協議会・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など1万か所

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング