『紅茶アドバイザー認定試験』(日本安全食料料理協会主催)のお申込みの受付が開始しました

PR TIMES / 2015年9月16日 16時23分

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

紅茶アドバイザー認定試験は、茶葉の知識から、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドまで、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する試験です。



[画像1: http://prtimes.jp/i/14144/72/resize/d14144-72-683359-3.jpg ]

紅茶が大好きで、紅茶に関する資格を取りたいと思っている方いらっしゃいませんか?
そんな方必見の資格試験があります。
日本安全食料料理協会主催の『紅茶アドバイザー認定試験』です。

[画像2: http://prtimes.jp/i/14144/72/resize/d14144-72-872834-2.jpg ]

紅茶アドバイザー認定試験は、茶葉の知識から、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドまで、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する試験です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験では、茶葉の分類、紅茶の等級と各等級、紅茶の淹れ方、紅茶の効能紅茶の生産地と種類、様々な製法
紅茶のグレード、紅茶の生産地と種類など、紅茶に関する基本的な事柄への理解が求められます。

【紅茶アドバイザー認定試験】試験概要


[表: http://prtimes.jp/data/corp/14144/table/72_1.jpg ]



将来、喫茶店を開きたいと思っている方は、同協会主催の『紅茶マイスター認定試験』や『カフェマイスター認定試験』『コーヒーアドバイザー認定試験』などを取得すれば大きな強みとなります。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

[画像3: http://prtimes.jp/i/14144/72/resize/d14144-72-601873-1.jpg ]



日本安全食料料理協会は、食品・料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること、また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて各スキルの技術者の社会的地位の確立を図ることを目的としています。
また、各スキルを利用する企業、現場において要求される基本的な技術を十分理解した上で、用途や目的に応じて、技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています。


【日本安全食料料理協会認定講座のご案内】
諒設計アーキテクトラーニング( https://www.designlearn.co.jp/)の「紅茶オーナーW資格取得スペシャル講座」( https://www.designlearn.co.jp/tea/)は日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定を受けた講座です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング