肝硬変を有するC型慢性肝炎患者に対するインターフェロンを併用しない治療を検討した試験において、高いウイルス学的著効率

PR TIMES / 2012年4月25日 20時12分

この資料は、ドイツのベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim GmbH)が4月19日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。尚、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。

2012年4月19日 スペイン/バルセロナ、ドイツ/インゲルハイム

28週間の治療後に、肝硬変を有するC型慢性肝炎患者で最大71%がウイルス学的著効を達成したことが新たなデータで明らかにされました。この結果は、インターフェロンを併用しない、ベーリンガーインゲルハイムが開発中の2つの直接作用型抗ウイルス剤を含む併用療法を受けたC型慢性肝炎患者(ジェノタイプ1b型)において示されたものです。

肝硬変を有するC型慢性肝炎患者に対する治療選択肢についての研究は、緊急を要する医療ニーズがあるにもかかわらず、大幅に遅れています。今回のデータは、肝硬変を有するC型慢性肝炎患者という特定の患者集団に対してインターフェロンを併用しない治療法で、高いウイルス学的著効率が示された初めてのデータで、治療期間が大幅に短縮される可能性も示されています。この結果は、肝硬変を発症する20%のC型慢性肝炎患者(世界で推定3,400万人)にとって意義あるものです2。

バルセロナで開催中の国際肝臓学会/第47回欧州肝臓学会年次総会(EASL)にて4月19日に発表されたこの結果は、これまでに実施されたインターフェロンを併用しないC型慢性肝炎治療を検討したフェーズ2試験(SOUND-C2)における5つの投与群のうちの1つの投与群に関するものです。SOUND-C2試験では、インターフェロンを併用せず、プロテアーゼ阻害剤BI 201335 NA 1日1回投与とポリメラーゼ阻害剤BI 207127 NAの併用療法にリバビリンを加えた群、加えない群で、その有用性が検討されました。治療期間は、各投与群で異なります1。

肝硬変は、肝細胞が破壊され消失して瘢痕組織となるものであり、発症すると肝機能が徐々に低下し、肝臓がんおよび肝移植のリスクが高くなります3。

ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学病院(ドイツ/フランクフルト)内科学教授兼医学部部長でこの試験の治験責任医師の一人であるProf. シュテファン・ツォイツェム(Stefan Zeuzem) M.D.は次のように述べています。「肝硬変の患者には、肝臓が肝機能を維持できなくなる前に、高いウイルス学的著効率を達成できる効果的な治療選択肢が緊急に必要とされます。肝硬変患者は、一般的にインターフェロンを併用する治療に対し忍容性が低いものです。今回の結果は、進行したC型慢性肝炎患者において、インターフェロンによる負担なく、高いウイルス学的著効率が達成される可能性と希望を示しており、この治療レジメンの更なる検証を支持するものです」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング