歴史上最も劇的で謎に満ちた アメリカ初の大統領暗殺事件を 暗殺者に焦点を当てて描くドキュメンタリードラマ

PR TIMES / 2013年4月5日 17時14分

『リンカーン大統領暗殺の真相』ナショナル ジオグラフィック チャンネルにて 2013年4月14日(日)23:00~放送



 125年の歴史を持つNPO団体、ナショナル ジオグラフィック協会が母体のドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナル ジオグラフィック チャンネル(運営:FOXインターナショナル・チャンネルズ株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小泉喜嗣、以下ナショジオ)は、アメリカの歴史上最も劇的で謎に満ちた、初の大統領暗殺事件の真相を再現したドキュメンタリードラマ『リンカーン大統領暗殺の真相』を2013年4月14日(日)23:00より放送いたします。


 1865年4月14日に起きたアメリカ16代大統領エイブラハム・リンカーン暗殺事件から148年経った今、歴史上最も謎めいている事件の真相にナショジオが迫ります。本作品はビル・オライリーのベストセラー著書「Killing Lincoln」をもとに、史上最大規模の市民戦争終結後のリンカーン大統領の最期、当時の社会や陰謀の記録、そして暗殺者が捕まるまでを忠実に描いた、ナショナル ジオグラフィック チャンネル史上初のオリジナルドラマです。本番組では、暗殺を計画・実行した南部連合支持者で俳優のジョン・ウィルクス・ブースに焦点を当て、陰謀の詳細を描いています。監督はアカデミー賞(R)*受賞作を手掛けたリドリー・スコット&トニー・スコット、脚本はエミー賞受賞経験のあるエリック・ジョンドレソンが務め、暗殺の裏側をリアルに再現します。監督のリドリー・スコットは、本作品の魅力を次のように語っています。「偉大な指導者を失ったアメリカの歴史上に残る惨劇の背景には、人々の心を惹きつけるスリルあふれるサスペンス・ストーリーがある。本作品で描かれている暗殺者ブースの陰謀にまつわるそのサスペンス・ストーリーは、これまで人々が知らなかった真実であり、とても興味深い内容なんだ。」


 南北戦争が事実上終結を迎えた、南部連合のロバート・E・リー将軍の降伏から数日後の1865年4月13日の夕刻、南部連合を支持するブースとその共謀者は自分たちの策略の総仕上げにかかっていました。その内容はリンカーン大統領を暗殺するだけでなく、南部連合を復活させるという希望のもとに、米政府を転覆させるというものでした。本番組では、ブースたちが陰謀を企て実行、逃亡した背景、そして最終的に暗殺者としてどのような形で捕まったのかというところまでを入念に映像で再現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング