5歳未満児死亡は年間660万人までに

PR TIMES / 2013年9月13日 13時24分

 報告書「子どもの生存を守る:2013年度版」発表 - ミレニアム開発目標4「乳幼児死亡率の削減」の達成は困難な見通し

2013年9月13日、 ユニセフ (ニューヨーク) は報告書『 子どもの生存を守る:あの約束を再び
(COMMITTING TO CHILD SURVIVAL:A PROMISE RENEWED )2013年度版 』(以下、本報告書と記述)を発表しました。
本報告書は、1990年以降の5歳未満児死亡率の傾向や原因の分析、生存のための取り組みをまとめたものです。



■5歳未満で亡くなる子どもは4.8秒にひとり

2012年に5歳未満で死亡した子どもは年間660万人。いまなお、毎日18,000人、または4.8秒にひとりの
幼い命が失われています。現状のままでは、目標ミレニアム開発目標4 「5歳未満児死亡率の削減 」
-1990年を基準にして2015年までに乳幼児死亡率※1(以下、子どもの死亡率と記述)を3分の2

減少させる-の達成は困難であると、本報告書は警鐘を鳴らしています。
※1 出生時から満5歳に達する日までに死亡する確率で、出生1,000人あたりの死亡数で表します


ミレニアム開発目標の基準となる1990年当時、世界では年間1,260万人の5歳未満の子どもが
死亡していました。しかし、この22年間による様々な取り組みにより、9,000万人の子どもたちの命が
守られ、子どもの生存を劇的に改善できることも明らかになりました。

ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は「この20年で、多くの子どもたちの命が守られるように
なったことは素晴らしいことです。しかし、ミレニアム開発目標を達成するために、
できることはまだたくさんあります。子どもの命を守る知識や方法は我々の手にあり、
新たな緊迫感を持って取り組まなければいけません」と述べています。

■低所得国で目標を達成した国々も

本報告書では、予防可能な原因による子どもの死亡が、世界のすべての地域と所得帯において
大幅に削減されていることも明らかになりました。

最貧国の数カ国では、1990年以降、子どもの生存に大きな成果が生まれています。
バングラデシュやエチオピア、マラウイ、ネパール、タンザニア共和国などの子どもの死亡率が
高い低所得国では、ミレニアム開発目標の基準となる1990年と比べ、子どもの死亡率が3分の2以上
削減され、すでにミレニアム開発目標を達成しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング