Class D“ダイレクト エナジーHDアンプ”搭載のAVアンプ2機種を発売

PR TIMES / 2013年6月13日 14時30分

すべての2chデジタルコンテンツ※1を192kHz/32bit・176.4kHz/32bitにアップスケールして再生可能。ESSテクノロジー社製SABRE 32bit Ultra DAC搭載モデルなど



AVアンプ   SC-LX57  希望小売価格 187,000円   7月下旬発売
AVアンプ   SC-2023  希望小売価格 120,000円   7月下旬発売


 パイオニアは、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現するデジタルアンプ“ダイレクト エナジーHDアンプ”と充実したネットワーク機能を搭載し、最新の4K映像、ハイレゾリューション音源の再生に対応したAVアンプ「SC-LX57」「SC-2023」を発売します。 

 両モデルは、マルチチャンネル再生時でも同時ハイパワー出力が可能なデジタルアンプ“ダイレクト エナジーHDアンプ”を搭載しており、迫力のあるサラウンド再生を実現します。厳選したオーディオ用パーツの採用と、最適な回路構成により高音質化を実現し、WAVやFLACのほか、Appleロスレス、AIFFなどのハイレゾリューション音源やDSDファイルの高音質再生が可能です。4K映像信号のパススルーとSD/HDからのアップスケーリングに対応したほか、Android OS搭載のスマートフォンやタブレットからの3D/FULL-HD動画再生を可能にする最新のMHL 2.0対応端子の搭載や、iPhone 5をサポートするなど、さまざまな端末に対応しています。

 「SC-LX57」は、新機能「オーディオスケーラー」により、CDや96kHzのハイレゾリューション音源など、すべての2chデジタルコンテンツ※1を192kHz/32bit・176.4kHz/32bitにアップスケールして再生できるほか、ESSテクノロジー社製 SABRE 32bit Ultra DACの搭載により、豊かな低音再生を実現しています。

 6月13日(木)より、パイオニア プラザ銀座(http://pioneer-ginza.jp/)に、「SC-LX57」「SC-2023」を先行展示いたします。


【主な特長】
◆ デジタルアンプの音質を強化するとともに、同価格帯のクラスで最大級の同時ハイパワー出力を実現
(SC-LX57:9ch-720W 、SC-2023:7ch-630W)

◆ ESSテクノロジー社製 SABRE 32bit Ultra DACを全チャンネル(9.2ch)に採用し、クリアな中高域と豊かな低域再生を実現(SC-LX57)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング