GDO、西日本新聞社とゴルフ場プレー券販売サービスを開始

PR TIMES / 2014年12月5日 11時16分

~お得な平日ゴルフ場プレー券の販売サービス~

・GDOは、西日本新聞社・西日本スポーツと共同で九州エリアに特化したゴルフ場プレー券販売サービスを開始
・ゴルフ平日倶楽部は会員制で、会員向けにお得なゴルフプレー情報を会報紙にてご案内
・九州の平日の稼動率は平均50%程度で、稼働率向上の施策実行と早急な対策が必要
・希望に応じて、電話でプレーチケットをご注文、ご自宅で受取・支払いが可能
・西日本新聞・西日本スポーツ読者は契約中の年間手数料が無料
・サービス提供開始にあたり、12月10日に創刊準備第1号を発行



インターネットで、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、西日本新聞社・西日本スポーツと共同で九州エリアに特化したゴルフ場プレー券会員販売サービス事業(「西スポ・ゴルフ平日倶楽部Powered by GDO」 以下、ゴルフ平日倶楽部)について、業務提携契約を締結いたします。

●サービス概要
ゴルフ平日倶楽部は会員制で、会員向けにお得なゴルフプレー情報を会報紙(創刊2015年6月、年4回発行、※年間手数料有料:1,200円)にてご案内し、ご希望に応じて、お電話でプレーチケットをご注文、ご自宅で受取・支払いが可能なサービスです(※西日本新聞・西日本スポーツの読者の方が会員登録される場合は、ご契約中の年間手数料を無料とします)。
サービス提供開始にあたり、12月10日に創刊準備第1号を発行いたします。この準備号は折込にて、福岡都市圏、筑後地域にて約47万部を配達予定となっております。また、創刊準備第2号は2015年3月10日(火)に同地域(約47万部)に折込にて配達予定となります。

●背景
ゴルフ業界では2015年ごろから長期にわたるゴルファー減少が顕在化してくる「2015年問題」と直面しております。九州でも一部地区では集客に苦戦するゴルフ場もあり、特に平日の稼動率は平均50%程度で、稼働率向上の施策実行と早急な対策が求められています。
今回の業務提携により、西日本新聞社の購読契約者の約70%を占めるシニア層に、平日プレーニーズの需要と供給のマッチングが可能と考えており、平日稼働率の向上に役立つものと考えております。

■サービス提携概要


GDOは本サービスの提携により、今後ともゴルファーにとって快適なゴルフライフを提案していくと同時に、ゴルフの楽しさ・素晴らしさをより多くの人々へ伝えてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング