【JAF岩手】「Superシニアドライバーズスクール岩手」を開催しました

PR TIMES / 2014年9月5日 13時29分



 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)岩手支部は、8月30日(土)岩手県運転免許センター(盛岡市玉山区)において、50歳以上の一般ドライバーを対象とした参加体験型の安全運転実技講習会「Superシニアドライバーズスクール岩手」を開催しました。
(主催:一般社団法人日本自動車連盟岩手支部 共催:日本自動車工業会・全日本交通安全協会)

 この講習会は、安全運転に欠かすことのできない基本操作である「走る・曲がる・止まる」「見る・判断する・操作する」を実際の運転を通して再認識するものです。
 県内の50歳以上の一般ドライバー18名(53歳~83歳)が参加しました。
 講習内容は、視機能診断システム体験、見通しの悪い交差点の安全な通過や滑りやすい路面状況での急ブレーキ等を実施しました。
 受講者の皆様には正しい運転姿勢や運転能力を再認識していただき、開催後には「視覚機能の低下を実感できた。」「運転能力を見直し、今後安全運転に努めたい。」との感想をいただきました。
 
 JAFでは、今後も実践的な安全運転講習会を開催し、ドライバーの安全意識の向上に貢献してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング