RPAテクノロジーズとコージェントラボがRPA×AI OCR分野で業務提携「BizRobo! DX Cloud」で「Basic Robo!」と「Tegaki」が連携

PR TIMES / 2018年9月6日 12時1分

2018年9月6日(木)より提供開始 ~膨大な書類の入力や集計、加工を代行するデジタルレイバーの高度化を実現!~



 RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高橋 知道、以下「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区赤坂、取締役社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)と、株式会社Cogent Labs(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯沼 純、エリック ホワイトウェイ、以下、「コージェントラボ」)は業務提携を行い、RPAテクノロジーズが提供するRPAクラウドプラットフォームサービス「BizRobo! DX Cloud」で、RPAソリューション「Basic Robo!」と、コージェントラボが提供するAI(人工知能)を活用した手書き文字認識(OCR)技術「Tegaki」が連携したサービスを2018年9月6日(木)より提供を開始いたします。

 現在、生産労働人口の不足による働き方改革が求められる中で、ホワイトカラー業務の効率化・自動化を行うRPAが解決策として期待・注目されています。特に、労働力が不足している全国の中堅・中小企業では要望が高まっています。また、既存のRPAユーザーにおいても、端末にてRPAツールは導入したものの、部署・会社全体への展開の際に高コスト・ROIの問題でスケールが困難、他の最新技術(AI、IoT、OCR等)との連携においてスピーディーな連携が難しい等、本質的にデジタルレイバーのスケールと高度化に際して、課題に直面しています。

 今回、RPA・デジタルレイバーのリーディングカンパニーであるRPAテクノロジーズと、コージェントラボは業務提携を行い、RPAクラウドプラットフォームサービス「BizRobo! DX Cloud」で、RPAソリューション「Basic Robo!」と、AI(人工知能)を活用した手書き文字認識(OCR)技術「Tegaki」を連携します。
 今回の連携により、日本企業に多く残る膨大な紙を使ったデータの入力、変更や集計、加工等の書類業務を代行する、RPAとAI OCRを組み合わせたデジタルレイバーの高度化を実現します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11515/73/resize/d11515-73-475136-0.jpg ]


 これまでは、申込書やアンケート等、活字・手書きデータを処理したい場合、高額な専用のOCRツールを購入する必要があり、さらに精度について課題がありました。しかし、今回「BizRobo! DX Cloud」を使用しているユーザーは、「Tegaki」オプションを利用することによって、1体のデジタルレイバーでPDFやTIFF等の画像データ内の手書き文字をすばやく高精度で自動認識し、99.22%※に達する高い識字率でデータ化、システム連携する事が可能となります。そのため、今まで費用対効果で諦めていたユーザーや、枚数の少ないユーザーでも利用しやすい料金体系になっております。

 今後も、RPAテクノロジーズではAIやOCR等の最新技術を活用し、今まで対応不可能だった業務領域についても高度なデジタルレイバーによる業務代行を実現し、企業のより一層の生産性向上に寄与してまいります。


【『「BizRobo! DX Cloud」「Tegaki」オプション』概要】
■サービス内容
1.PDFファイルの読込・ファイル変換
・あらかじめ指定したフォルダに配置された対象帳票ファイル(PDF)を読み込みます。
・PDFファイルをJPG(PNG)ファイルへ変換します。

2.アカウント認証&帳票ファイル送信と問合わせKEYの受信
・ユーザーアカウントと、アカウントに紐づくAPIキーおよび対象帳票ファイル
 (JPGまたはPNGファイル)をキーに、Cogent側のAPIサービスを呼び出します。
・Cogent側クラウドサーバへの受付が完了したタイミングで、Cogent側から問合せKEYが返されます。

3.OCR変換後データの受取・データ出力
・2.で取得した問合せKEYを使用して、OCR変換が完了したかどうかを、
 APIサービスを呼び出し、定期的に完了チェックを実施します。(この間、ロボットはWait状態)
・Cogent側でのOCR変換処理が完了したタイミングでロボットが継続処理を行い、取得したOCR
 結果を出力します。

■BizRobo! DX Cloud Tegakiオプション 価格
・初期費用 :5万円 (税抜き)
・月額利用料:2万円 (税抜き)
※20,000項目まで料金内でOCR処理が可能。20000項目を超過する場合、1項目1円の従量課金が発生。


【「Tegaki」概要】( https://www.tegaki.ai/
 コージェントラボが開発したAI(人工知能)を活用した手書き文字認識(OCR)技術「Tegaki」は、製造、販売、金融、医療、サービス、教育など、あらゆる業界で使われている、手書き帳票に書かれた文字を高精度に認識できるサービスです。既存技術では自動認識による読み取りが難しくキーボード入力が必要だった手書き文字を、スピーディーに高精度でデータ化します。独自開発のAI技術でデータを処理・学習することによって、読み取り精度は、継続的に向上し、企業の業務全体の効率化を支援します。

※「Tegaki」の認識率についての詳細について
*「Tegaki」の認識率について、すべての手書き帳票で初回から99.22%の認識率を保証するものではありません。99.22%の認識率については以下をご覧ください。

認識率99.22%について
コージェントラボの開発したエンジンを使用して下記の文章を認識した場合の認識率は99.22%となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11515/73/resize/d11515-73-578213-1.jpg ]


【「BizRobo! DX Cloud」概要】
 RPAクラウドプラットフォームサービス「BizRobo! DX Cloud」は、これまでのRPA導入で得たRPAに関するノウハウやコンテンツと、運用に必要なソフトウェア、インフラを一括して提供するクラウドサービスです。スケール可能なサーバー/バックグラウンド型RPA「BasicRobo」運用機能を、お客様ごとの「プライベートクラウド」上に構築し、シングルテナント・従量課金式で利用が可能です。また、付帯サービスとしてRPAテクノロジーズが10年運用した経験に基づくナレッジベースサイト、WEB研修コンテンツ、サンプルロボット集や、その他サポートとしてユーザーコミュニティサイト、3ヶ月間の無償サポート、24時間のサーバー監視も合わせて提供いたします。


【会社概要】
■RPAテクノロジーズ株式会社について( http://rpa-technologies.com/)
・本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・設  立:2013年7月
     クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
       オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、
   東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により100%子会社として設立
・代 表 者:代表取締役社長 大角 暢之
・資 本 金:3,000万円
・事 業 内 容:コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売
       ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/
       情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

■株式会社 Cogent Labsについて( https://www.cogent.co.jp/ja/)
・本社所在地:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA LAB
・設 立:2014年4月
・代 表 者:代表取締役 飯沼 純、エリック ホワイトウェイ
・資 本 金:14億7,200万円 (準備金含む)
・事 業 内 容:最先端の人工知能の研究・開発と関連ソリューションサービスの提供

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング