バンド・デシネの最重要作品が新装版となって登場!『アンカル』(新装版)

PR TIMES / 2015年9月2日 12時12分

これを読まずに、バンド・デシネとメビウスは語れない。伝説の作品が新要素“アンカルの謎”を加えて復刊!!

株式会社パイ インターナショナル(豊島区)とユマノイド(日本支社:豊島区)は、2015年11月20日に、コミック『アンカル』(新装版 メビウス・画 / アレハンドロ・ホドロフスキー・作)を刊行いたします。



[画像1: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-234312-9.jpg ]



フレンチコミック界の最重要人物と言われた天才コミック作家メビウスと、孤高の”カルト”映画監督・作家であるホドロフスキーが出会い、ふたりの想像世界が結びついて生まれた、唯一無二のSFサーガが本作『アンカル』だ。80年代の作品でありながら、その圧倒的描写と、波乱と混沌に満ちた物語は世代を超えて多くのファンや職業作家を魅了し、影響を与えた。日本では過去に講談社版、小学館集英社プロダクション版が刊行されたが、今回は『THE INCAL(アンカル)』(原書)の出版元であるユマノイド社のオリジナル版(英語版)の日本完訳版として新装刊。この新装版にだけ付属する新要素として、作品そのものと作品の制作過程を解説する長編コラム”アンカルの謎”を収録している。
※バンド・デシネ(BD)とは、フランス語圏のコミックを指します。
[画像2: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-847993-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-926745-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-308707-3.jpg ]
STORY:
ろくでもない人生を送っていたR級探偵の主人公ジョン・ディフールは、ひょんなことで手に入れた謎の物体“アンカル”をめぐる大きな争いの渦に飲みこまれていく。クローン手術を繰り返す大統領、ミュータント、異星人、殺し屋、階級間の争い、陰謀……。宇宙と人類の命運を懸けた大冒険の先に見たものとは? “謎の生命体” アンカルとは何なのか? 究極のスペース・オペラ、ここに再誕!

[画像5: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-637138-6.jpg ]

▲”アンカルの謎”では、30ページ以上に渡って、本書の制作過程や世界設定が紹介されてる。また、メビウスの手によるキャラクターの設定画や下絵などの図案も収録されている。

作画/メビウス
本名のジャン・ジローとしても有名な、フレンチコミック界の至高とも言われたアーティスト。2012年の死没時は、多くの日本の著名漫画家を含め、世界中のアーティストから追悼メッセージが出たほど、そのイラストの壮麗さと超絶技法に絶大な支持を持つ。日本で出版されているおもな作品に『ブルーベリー』(エンターブレイン刊)、『B砂漠の40日間』(飛鳥新社刊)など。

物語/アレハンドロ・ホドロフスキー
『エル・トポ』、『ホーリーマウンテン』など、カルト的な人気を誇る作品を中心に熱狂的なファンを持つ映画監督。また、バンドデシネ原作者としても多くの作品を残しており、『アンカル』シリーズや『アラン・マンジェル氏のスキゾな冒険』(ともに小社刊)、などの著書多数。

<書籍概要>
書名:『アンカル』(新装版)
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4675
著者:メビウス・画 / アレハンドロ・ホドロフスキー作
判型: B5判(257×182mm)/ 360ページ(フルカラー) / ハードカバー
価格: 本体3,600円+税
ISBN:978-4-7562-4675-2 C0079
発売日: 2015年11月20日 
発行元:ユマノイド
 ホームページ: http://www.humanoids.jp/
 フェイスブック: https://goo.gl/9J9KRg
 ツイッター: https://twitter.com/Humanoids78
発売元:パイ インターナショナル
 ホームページ: http://pie.co.jp/
 フェイスブック: https://www.facebook.com/piecomicart
 ツイッター: https://twitter.com/PIE_Comic_Art
販売場所 :全国主要書店にて

<補足情報>
なお、これまでに『ビフォア・アンカル』『ファイナル・アンカル』が刊行されており、今回の『アンカル』出版によって、『アンカル』シリーズの全貌を日本の読者は知ることができることになる。

『ビフォア・アンカル』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4629
[画像6: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-993240-7.jpg ]



『ファイナル・アンカル』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4634
[画像7: http://prtimes.jp/i/12505/73/resize/d12505-73-930209-8.jpg ]

※本リリースにて、当初発売日を2015年9月11日としておりましたが、諸般の事情により、発売を延期させていただくこととなりました。
現在、2015年11月20日発売を予定しておりますが、変更の場合は改めて弊社ホームページ、SNS等で告知させていただきます。
発売を楽しみにお待ちくださりました読者の皆様、並びに関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますことをここにお詫び申し上げます。
何卒、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング