【ロッテ免税店銀座】国内免税店初、「ジョセフ・ペリエ」取り扱い開始

PR TIMES / 2020年3月2日 10時55分

ロッテ免税店銀座では2020年3月2日(火)より英国王室の御用達として知られるシャンパン「ジョセフ・ペリエ」の取り扱いを開始致します。



株式会社ロッテ免税店JAPAN(本社:東京都中央区)が運営するロッテ免税店銀座は、2020年3月2日(火)から「ジョセフ・ペリエ」の取り扱いを開始致します。また、販売開始に伴い、POP UPイベントを開催致します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-514280-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-786701-1.jpg ]

1825年にジョセフ・ペリエによって設立された、英国王室御用達のシャンパーニュハウス。約180年の歴史をもつ偉大なシャンパーニュハウス〈ジョセフ・ペリエ〉は、イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され「ロワイヤル」の名を授かりました。また、ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウェディングの祭には王室に献上されました。
フローラルでフルーティー、シャンパン通の方にも、たまにしか飲まない方にも楽しんでいただけます。フレッシュさとボディのバランスが素晴らしくアペリティフ(食前酒)にも最適で、また一日を通して楽しんでいただけるスタイルです。


[画像3: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-895690-2.jpg ]

3月2日(月)から3月31日(火)までロッテ免税店銀座9階エレベーター前スペースで、POP UPイベントを開催致します。
イベント開催期間中、試飲をご希望のお客様はスタッフまでお声掛け下さい。


[画像4: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-206879-5.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-710268-3.jpg ]

毎年3月8日は国連が定める、国際女性デーとされ、ヨーロッパでは「ミモザの日」と呼ばれています。この日は男性が日頃の感謝の気持ちを込めて、妻や恋人、身近な女性にミモザの花を贈る習慣があります。
春から冬にかけて咲くミモザ。
春の訪れをジョセフ・ペリエオリジナルのミモザデザインで祝ってみてはいかがでしょうか?


[画像6: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-471606-4.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/20646/73/resize/d20646-73-943606-7.jpg ]


出国前に銀座であらかじめ免税品を購入し、出発当日は搭乗前に空港の専用カウンターで商品を受け取るだけの簡単手続き。早朝や深夜の出発便でも、事前にお買い物を済ませていれば時間を有効に使うことができます。
海外への出発が決まったら、まずはロッテ免税店銀座をチェック。

https://jp.lottedfs.com/branchGuide/145/intro

※ロッテ免税店銀座は空港型市中免税店です。羽田空港/成田空港からの出発日より起算して60日前から、商品の購入が可能です。商品購入の際は、出発されるご本人様のパスポートおよび航空券等の提示が必要です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング