ベクトルチャイナ、中国映画制作・配給会社 工夫影業グループの子会社 工夫メディア(C FK P IC TU R ES C R EA TIV E&B R A N D)と業務提携

PR TIMES / 2014年2月6日 10時59分

-中国映画、中国ドラマへの「プロダクト・プレイスメント」事業へ参入-

総合P R 会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江肇司、東証マザーズ:6058)の中国子会社である維酷公共関係諮問(上海)有限公司(本社:上海市、執行董事:長谷川 創、以下ベクトルチャイナ)は、中国映画制作・配給会社工夫メディア(本社:北京市、薫事長:祁亜萍)と、中国語圏での映画、ドラマでのプロダクト・プレイスメント事業において、業務提携を行なう事に合意いたしました。

プロダクト・プレイスメントとは、映画やテレビの番組内で、クライアント企業の商品を出演者に使用させたり、看板、ロゴを意図的に露出させたりする広告活動。米国ではハリウッド映画、ドラマ等で幅広く実施されており、劇中に商品を登場させることで、視聴者への到達度の高い情報発信を行うことができる広告手法として注目を集めています。

中国においては近年映画市場が急拡大しており、2013年における総興業収入が、過去最高となる217億元(約3700億円)となり、世界一の映画大国であるアメリカとほぼ肩を並べる規模に達しております(※)。市場拡大の要因として、中国国内制作映画の成長があげられており、2013年の興行収入ランキングにおいても上位10作中7作が中国語で制作された作品となります。
※中華人民共和国国家新聞出版広電総局 2013年全国電影票房統計

北京市に本社をおく工夫メディアは、中国工夫影業グループに属する独立系映画制作・配給会社です。直近では、下記作品の制作協力をしています。

・ 中国四大女優の二人、周迅(ジョウ・シュン)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)が主演した映画「画皮」
・ 中国TO P3監督の馮小剛が監督し、陳道明、張国立が主演者の映画「1942」
・ 第24回東京国際映画祭「最優秀芸術貢献賞」受賞された映画「転山」
・ 徐克(ツイ・ハーク)監督、主演には人気若手趙又廷(マーク・チャオ)、アンジェラ・ベイビーの3Dアクションミステリー映画「狄仁傑の神都龍王」
・ 香港名監督陳可辛(ピーター・チャン)、黄暁明(ホァン・シャオミン)が出演したコメディ「中国合伙人」(A m erican D ream s in C hina)」等
・ 2013年ドラマ「結婚しよう」は年度ドラマ視聴率N o1を獲得しました。

ベクトルチャイナは今回の提携を通じ、工夫メディアが制作、配給する映画、ドラマ内へのプロダクト・プレイスメント、それに付随するP Rプロモーション等の販売強化をはかり、企業のマーケティング活動をさらに幅広くサポートしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング