【ミューズ】家庭内での食中毒の死亡率は、飲食店の4倍以上・・・

PR TIMES / 2013年6月17日 12時2分

石けんなどを使った手洗いの徹底率 プロの料理人96.6%に対し、主婦は59.7%と大きな差が判明!



=====================================================
梅雨~夏季には、細菌性食中毒の発生率が2.4倍!
家庭内での食中毒の死亡率は、飲食店の4倍以上・・・
石けんなどを使った手洗いの徹底率
プロの料理人96.6%に対し、主婦は59.7%と大きな差が判明!
http://www.musejapan.jp/
=====================================================


 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区芝浦/代表取締役:
ステファン・ガー)が展開する薬用せっけんの「ミューズ」は、2013年5月に
25~49歳の主婦200人及び、飲食店・集団弁当加工工場等の厨房に勤務する
プロの料理人200人を対象に行った食中毒に関する意識調査結果を本日発表いたします。


 気象庁は、2013年5月29日、平年より10日ほど早い関東甲信地方の梅雨入りを発表し、
いよいよ梅雨本番が到来しました。食中毒を引き起こす原因は「細菌」「ウイルス」「自然毒」など
様々ですが、梅雨から夏季は食中毒を引き起こす細菌が好む高温多湿の環境となり
活発に増殖する為、細菌性の食中毒被害が多数報告され大きなニュースになります。
細菌性の食中毒では、年間患者数の65.6%が、6~9月に報告されています。
(厚生労働省「平成24年食中毒発生状況」)


 そこで今回、大切な人を守るために重要になる食中毒対策について、
家庭内や飲食店などの現状を明らかにするため、調査を行いました。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
■家庭内より飲食店のほうが食中毒は危険?!
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ミューズが行った意識調査によると、“食中毒は「飲食店や施設」と「家庭内」、
どちらが起こりやすいと思うか?“という質問に対して、「飲食店や施設」と答えた人と
「どちらかといえば飲食店や施設」と答えた人が、プロの料理人では56.3%、主婦では61.7%と、
いずれも過半数を超え、家庭内より外出先での発生に不安を感じている人が多いことが判明しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング