~マンションの「すまいとくらし」の未来を考える、体感型施設~「パークホームズ イマジネーションミュージアム」4月10日(水)オープン

PR TIMES / 2013年3月27日 15時32分



~マンションの「すまいとくらし」の未来を考える、体感型施設~
「パークホームズ イマジネーションミュージアム」4月10日(水)オープン

                        三井不動産レジデンシャル株式会社
                        三井不動産住宅サービス株式会社

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 三井不動産レジデンシャル株式会社(所在:東京都中央区代表取締役社長 藤林 清隆)と、三井不動産住宅サービス株式会社(所在:東京都新宿区 代表取締役社長 田中 健)は、今後のマンションの「すまいとくらし」について、お客さまと一緒に考える体感型施設「パークホームズ イマジネーションミュージアム」を2013年4月10日(水)よりオープンいたします。

 「パークホームズ イマジネーションミュージアム」は、マンションでの生活について、日常的な生活空間のみでなく、災害への対策、安全なすまいづくりのシステム、さらには、最新の映像技術を織り込んだ、未来のリビング空間での情報コミュニケーションの提案などのコーナーをめぐることで、「自分たちのこれからの『すまいとくらし』」について、想像力を刺激しながら、楽しく体感していただけます。

 当施設は、2012年4月に発表した三井不動産グループの中長期経営計画「イノベーション2017」における「住宅事業の進化」の一環として、よりお客さまの声を反映できる商品作りの場として位置付けております。当社は、今までもお客さまの声や有識者の意見を反映させながら商品を企画してまいりましたが、多様化するニーズや生活スタイルに対して、より多くの方の声を参考にするために、「お客さまと一緒に考える」というコンセプトのもと、今までにない体感型施設としてスタートいたします。

 4月10日(水)~4月21日(日)は、オープニングイベントとして「Park Homes EXPO 2013」を開催いたします。


<「パークホームズイマジネーションミュージアム」概要>
■「もしも×imagination」
災害発生時の不測の状況を“もしも”の観点で紐解いていくマンションの防災対策コーナー

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング