ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループ、3事業の2011年業績を発表

PR TIMES / 2012年5月7日 19時6分



2012年5月7日 日本/東京

ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鳥居正男)は5月7日、同社グループ3事業の2011年(1-12月)業績を発表しました。

医療用医薬品事業、アニマルヘルス事業で市場の成長を大きく上回る

3事業の業績はそれぞれ、医療用医薬品事業では199,807百万円(薬価ベース)、コンシューマーヘルスケア事業では48,327百万円(店頭販売ベース/当社調べ)、アニマルヘルスケア事業では4,910百万円(卸出荷ベース)でした。

東日本大震災、ヨーロッパの経済不安などの影響により、日本経済は依然低迷する厳しい事業環境が続く中、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社 代表取締役社長 鳥居正男は、昨年を振り返り、「ベーリンガーインゲルハイム ジャパンは医療用医薬品事業とアニマルヘルス事業で、市場の成長を大きく上回り、3つの事業で将来の柱となる新製品を成功裡に発売するなど満足のいく1年であったと言えます。特に昨年は、日本の事業を開始してから50年の節目となる年に、グループを再編し、新たなステージを迎える喜ばしい年となりました」とコメントしました。

医療用医薬品事業
-新製品と既存製品が事業をけん引し、市場を大きく上回る成長を達成-

心房細動患者さんを脳卒中から護る新規経口抗凝固薬プラザキサ(R)、ドパミン作動性パーキンソン病治療薬として1日1回投与を実現した徐放性製剤ミラペックス(R)LAが相次いで発売されました。糖尿病領域では、世界初の胆汁排泄型選択的DPP-4阻害剤トラゼンタ(R)が、2011年1月に締結されたベーリンガーインゲルハイムとイーライリリーのグローバルレベルでの戦略的アライアンスのもとで初めて発売されました。これら新製品の発売に加え、高血圧治療薬のミカルディス(R)ファミリー[ミカルディス(R)(胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカー)、ミコンビ(R)(利尿薬との合剤)、ミカムロ(R)(持続性Ca拮抗薬との合剤)]、COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療薬のスピリーバ(R)などの既存製品もベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループの医療用医薬品事業をけん引し、市場を大きく上回る成長を達成することができました。ミカルディス(R)ファミリーの年間売上は93,370百万円(薬価ベース)、スピリーバ(R)の年間売上は、20,699百万円(薬価ベース)でした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング