モーリーファンタジーと共同で、AR技術を使ったデジタルサイネージ「ララちゃんのうごくぬりえ」をイオンモール幕張新都心店で公開

PR TIMES / 2013年12月10日 11時25分

世界にたったひとつのララちゃんが画面で動き出します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、モーリーファンタジー(運営:株式会社イオンファンタジー 本社:千葉県、代表取締役社長:片岡 尚、以下「モーリーファンタジー」)と共同で、AR※1技術を応用したデジタルサイネージ※2「ララちゃんのうごくぬりえ」を12月20日にグランドオープンするイオンモール幕張新都心店内のモーリーファンタジー店頭(ファミリーモール2階)で公開することをお知らせいたします。

「ララちゃんのうごくぬりえ」は、モーリーファンタジーのメインキャラクター「ララちゃん」のぬりえを店頭に設置された大型ディスプレイに近づけると、塗った通りの3Dララちゃんが画面上で動くというAR技術を活用したシステムで、モーリーファンタジーの店舗への集客支援、導線強化を目的としております。

また、2014年1月には小学生以下のお子供様をターゲットとしたファンクラブ会員(登録無料)向けに、自宅でも「ララちゃんのうごくぬりえ」が楽しめるスマートフォンアプリ(iOS版、Android版)を公開し、来店客にファンクラブ会員への入会を促します。

注釈
※1: AR:Augmented Reality(拡張現実感)の略語で、人が知覚する現実の環境をコンピュータによって拡張表現する技術
※2: デジタルサイネージ:店頭などに設置された液晶ディスプレイやプロジェクターなどの表示装置。来店者や店頭を通りかかった人にイベントの告知や広告などの情報を伝える装置

============================================
株式会社イオンファンタジー 営業企画本部本部長 出口 毅 氏
============================================
今回、イオンモールの新旗艦店としてオープンする幕張新都心店の集客力を活かし、モーリーファンタジー店舗への集客導線の強化とファンクラブ会員登録を促すツールとして、ARの大手であるサイバネットと共同で、同社のAR技術を使ったデジタルぬりえを店頭に設置することにしました。
当社では、ファンクラブ会員に対する特典やサービスを強化することで固定客層の拡大と、来店頻度の向上を目指しており、来年1月には全国のファンクラブ会員向けに「ララちゃんのうごくぬりえ」を自宅で楽しんでもらえるよう、スマートフォン用のアプリを公開します。
また、当社では「ララちゃん」とモーリーファンタジーのキャラクター達を世界中で愛されるキャラクターに育てる事を重要な経営戦略の一つとして捉えており、今回の「ララちゃんのうごくぬりえ」は、認知度向上の手段として、効果を発揮すると期待しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング