SBT、Google クラウドプラットフォーム サービスパートナー契約を締結

PR TIMES / 2014年2月28日 10時17分

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、Google社が提供する「Google クラウドプラットフォーム」の企業への導入を支援するサービスパートナーとなる、「Google Cloud Platform Service Partner Program」契約を締結しましたのでお知らせします。



■「Google クラウドプラットフォーム」の概要
「Google クラウドプラットフォーム」は、Google社が提供する、IaaSやクラウドストレージなどを含むクラウドサービスです。「Google App Engine」「Google Compute Engine」の2つを中心に、オブジェクトストレージやDBなどのデータストア、分析基盤といった、ビッグデータ解析をクラウド上で行うためのプラットフォームを提供しています。


■ SBTから提供予定のサービスについて
今回の締結により、SBTでは今後、「Google クラウドプラットフォーム」と連携するさまざまなサービスを展開していきます。
具体的には、デジタルアナリティクスソリューション『Google アナリティクス プレミアム』をはじめとした、Web解析・コンサルティングサービスとの連携や、データサイエンティストによる分析サポートなど、低コスト・短期間でビッグデータを活用でき、オンラインビジネスの発展を支援するサービスの提供を予定しております。

【提供予定のサービス例】
・『Google アナリティクス プレミアム』と、「Google クラウドプラットフォーム」で提供されるビッグデータ解析基盤ソリューション「Google BigQuery」の連携により、Web解析とリアル店舗のマーケティングを連動・融合させ、O2Oを実現させるサービス

・企業のデジタルマーケティング基盤となる、プライベートDMP(※)を作成するための、Churn分析やレコメンドなどを「Google クラウドプラットフォーム」上で展開するサービス
※プライベートData Management Platformの略。
企業が自社でインターネット上の様々なビッグデータや自社サイトのログデータなどを格納し、一元管理・分析できるマーケティングプラットフォーム。
分析結果をもとに、Emailやサイトコンテンツ配信、広告配信などのアクションプランを最適化することができる。


▼ SBTの提供する「Google アナリティクス プレミアム」の詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/google-analytics-premium/?cid=20140228_01_pr


SBTはこれまで、デジタルマーケティングの企業への普及に向けて様々な取り組みを行い、実績を積んでまいりました。
また、専門的なスキルを持ったデータサイエンティストの部隊をもち、ビッグデータの分析・活用に関するトータルサポートを提供することで、企業のビッグデータ活用を推進してまいりました。

SBTは今後も引き続き、これらのサービスの提供を通じて隠れたユーザニーズやビジネスチャンスを発掘することで、お客様のオンラインビジネスに貢献できるよう努めてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング