【大阪】夜間に特化した実験型交通安全講習会『セーフティラボ』初開催

PR TIMES / 2014年9月12日 13時8分

反射材の活用や、自転車前照灯の点灯徹底を呼びかけ

 



 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)大阪支部(支部長 白土貴久)は、9月8日(月)新企画となる夜間に焦点を当てた交通安全講習会『セーフティラボ』を同支部地下会議室にて開催しました。

 これは、平成26年「秋の全国交通安全運動」に先がけて行われたもので、重点項目となっている「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」を目的としたものです。

 ホームページJAFチャンネルで公開中のJAFユーザーテスト『見えない!止まれない!ロービームの限界を知る』やドライブレコーダーの映像を使った座学の後、色による視認性の違いや、反射材の着用効果を実際に体験していただきました。さらに薄暮時の早期ヘッドライト・自転車前照灯の点灯の推奨を呼びかけ、約1時間の講習会を終了しました。

 参加者からは、「反射材の効果を実感でき、とても参考になった」などの声が寄せられました。

 JAF大阪支部は、今後もさまざまな視点から学べる講習会を企画し、活動を行ってまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング