太陽光発電システムの搭載量を向上させる大屋根と、暮らしにゆとりを与える中庭を備えた 新商品『太陽と中庭のある住まい』 平成24年3月1日(木)発売

PR TIMES / 2012年2月27日 10時50分



太陽光発電システムの搭載量を向上させる大屋根と、暮らしにゆとりを与える中庭を備えた
新商品『太陽と中庭のある住まい』
平成24年3月1日(木)発売
~同時に600棟限定「太陽光発電システム0円キャンペーン」を開始~

エス・バイ・エル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:荒川俊治、以下エス・バイ・エル)は、暮らしとエネルギーと環境の未来を考える新しい住まいのつくり方「スマートハウジング」(http://www.sxl.co.jp/corporate/news/20111110.html)をコンセプトに、太陽光発電システムの搭載量を向上させるダイナミックな大屋根と、四季やゆとりを感じることができる中庭を備えた新商品『太陽と中庭のある住まい』(http://www.sxl.co.jp/products/sun_and_court/index.html)を、平成24年3月1日(木)より販売開始致します。
また、同時に、600棟限定「太陽光発電システム0円キャンペーン」(http://www.sxl.co.jp/event/solar_cp/index.html)も実施致します。

『太陽と中庭のある住まい』は、消費者の高まるエコ意識に応えた新商品で、エス・バイ・エルの伝統的な大屋根を採用することで、住まいに落ち着きのある重厚な表情を与えながら、太陽のエネルギーを十分に受け取る大容量の太陽光発電システムの搭載を可能としました。また、ヤマダ電機の広範な調達能力を活かし、「スマートハウジング」に欠かせない家庭用蓄電システムやHEMS、オール電化(IHクッキングヒーター、エコキュート)等のスマートアイテムも用意し、「創エネ、省エネ、蓄エネ」のトリプルエコを実現する住まいを提供致します。
更に、「愛知万博日本庭園」や「ハンガリー ヨーロッパ ピクニック記念庭園」等を代表作品に持つ作庭家・野村勘治氏監修の、季節と太陽の優しさを存分に取り入れた、「見る」「遊ぶ」「使う」等、人の五感に応える中庭プランをご提案致します。「見る」だけではなく普段の生活の中での「遊び」の場や、多目的な用途で「使う」ことを念頭に設計された中庭を取り入れることで、四季の移ろいを感じ、ゆとりある生活空間を実現致します。
加えて、「ワンランク上」の快適な暮らしを実現する為に、汚れがつきにくくお手入れが簡単なシステムキッチンや、天然鉱物「ゼオライト」と酸化チタンを組み込んだ多機能な自然素材クロス、天然銘木意匠の美しさと質感を実現した床材等を採用し、更に、低汚染性吹付仕上げの外壁や、全窓に遮熱複層ガラスを標準装備する等、使い勝手・デザイン・省エネのグレードをアップしました。また、エス・バイ・エルの契約プランで実際にお客様のニーズが高い収納提案の中でも、特にご好評を頂いております、女性活躍推進チームが主婦目線で開発し、散らかりがちなキッチンやリビング、玄関周りを効率的で美しく簡単に片付け、収めることにとことんこだわった“ちょっと自慢したい収納提案”の「キッチン収納」や「リビング収納」、「おでかけクローゼット」も採用致しました。
構法には、エス・バイ・エルが独自に開発した「SxL構法 エス・バイ・エルΣ」を用いています。これは、自由度の高い構造の仕組みをベースに、木質接着パネルの構造強度を活かした、非常に精度の高い限界耐力計算により構造強度を広範囲で担保された構法で、プラン対応力が高く、汎用性にも優れています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング