伝導ノイズやEMCノイズ対策、熱対策についてのソリューションをカーエレクトロニクス展で紹介

PR TIMES / 2013年12月17日 16時2分

製品開発にかかるコストと時間を大幅に削減するソリューションをご紹介いたします。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、2014年1月15日(水)から17日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催される「第6回 [国際] カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~」に出展することをお知らせいたします。

車載機器製品の設計・開発においては半導体素子の高周波化・小型化・低損失化などに伴い、伝導ノイズやEMCノイズ対策が大きな課題となっております。ANSYS※1の伝導ノイズ、EMCノイズ解析ソリューションは、ANSYS独自の回路モデル化技術と電磁界解析技術により、シミュレーションからノイズ現象を可視化することができます。これにより、ノイズ源の特定やノイズ対策に役立ち、試作・実験に頼らずに製品開発にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。
今回の出展では、"解析で挑む!カーエレクトロニクスのEMC・ノイズ対策"をテーマに様々なソリューションをブースにてご紹介いたします。


シミュレーションの導入前と導入後については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/about/cae.html

ANSYSの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/

ANSYSの導入効果については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/about/roi.html

=========================
出展概要
=========================


会期     2014年1月15日(水)~17日(金)

会場     東京ビッグサイト http://www.bigsight.jp/index.html

主催     リード エグジビション ジャパン株式会社

小間位置  西ホール 2-72


=========================
サイバネットブースの見所
=========================
---------------------------------------------
パワーインテグリティ/EMC設計
---------------------------------------------
プリント基板のEMCの原因となるシグナル・インテグリティ、パワーインテグリティ、遠方電磁界及び近傍電磁界をプリント基板の設計段階で可視化し、対策、検討ができるソリューションをご紹介いたします。
こんな方にお勧めします

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング