年間20万人を動員する体験型謎解きイベント『リアル脱出ゲーム』の SCRAPによる「脱出ゲームブック」待望の第2弾 『ふたご島からの脱出』は、前代未聞の2冊同時プレイ!!

PR TIMES / 2013年2月1日 12時33分



少年は戻りたいと思った。少女は救いたいと願った。

どこかの海にぷかりと浮かぶ、2つ並んだ小さな島、ふたご島。島に漂着した少年と、使命を負った少女が、別々に島からの脱出を目指す。しかし2人に立ちはだかるのは、さまざまな謎や暗号──。あなたは2人を無事、島から脱出させることができるだろうか?

2012年発売後すぐにネットで話題沸騰、書店では品切れ続出、発売後3日で重版が決まった『人狼村からの脱出』に次ぐ、謎が詰まった新感覚の“脱出ゲームブック”シリーズ第2弾が登場します。今回は何と2冊箱入り・前代未聞の2冊同時プレイ型ゲームブック。2人の主人公の行動が密接に絡み合う、不思議で濃厚な物語が展開されます。また、組み込まれた謎やパズルも前作に比べパワーアップ。ちょっとやそっとじゃクリアできない難易度です。今回も前回同様、物語のエンディングは特設サイトで正解して初めて、読むことができる仕組みです。


▼特徴
・ 2冊組のザッピングシステム
・ パワーアップしたパズル・謎解き
・ 徐々に明らかになるふたご島の全貌
・ 手がかりを入手し物語を進行
・ エンディングはクリア後にWebで


▼POINT
今回の“脱出ゲームブック”は「少年の書」(主人公:カイ)「少女の書」(主人公:ネネ)の2冊セットで、2人の主人公の物語を進めていきます。片方の本を読み進めるだけでクリアできないのです。また付録には、マップ6枚とアドベンチャーシート、記録シートなどを用意。マップを見て島のいろいろな場所に行ったり、住人に話を聞いて、“手がかり”をアドベンチャーシートに記入していきます。


脱出ゲームブックvol.2 ふたご島からの脱出

SCRAP著
2月25日発売/定価2,100円(税込)
■四六判/112ページ+116ページ[2冊箱入り]■付録:アドベンチャーシート、記録シート、マップ×6枚、しおり×2枚■ISBN:978-4-8456-2196-5■発売:リットーミュージック


[リアル脱出ゲームとは?]
ある場所に参加者が閉じこめられ、あちこちに隠された謎や暗号を解きながら、制限時間内に「脱出」を試みる観客体験型ゲームイベント。主催は謎づくりのプロ集団、SCRAP。自らが物語の主人公になれる快感、謎やロジックを解き明かす知的興奮、関門を通過するスリルといった魅力から幅広い人気を集め、年間20万人を動員。ドーム公演や全国ホールツアーも敢行し、中国・台湾・アメリカ・シンガポールなど海外公演も多数成功させている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング