【オンラインショッピングの決済に関するアンケート調査】希望する支払方法が選べなかったとき、「そのサイトでの購入をやめ、他のサイトや店舗で購入した」が3割強

PR TIMES / 2014年1月28日 10時24分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『オンラインショッピングの決済』に関してインターネット調査を実施し、2014年1月1日~5日に10,555件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18612/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■直近1年間のオンラインショッピング利用者では「クレジットカード」が8割強で最も多く、「コンビニ決済」「インターネットバンキング」「代金引換」が各2割で続く
■希望する支払方法が選べなかったとき、「そのサイトでの購入はやめ他のサイトや店舗で購入した」は3割強、「希望とは異なる支払方法で購入した」は2割強、「商品の購入自体をやめた」は2割弱
───────────────────────────────────────────



◆直近1年間のオンラインショッピングの利用状況
直近1年間のオンラインショッピングの利用回数は、「10~19回」「20回以上」が各2割強でボリュームゾーンです。1回あたりの利用金額は、平均「3,000円未満」「3,000円~5,000円未満」が各3~4割となっています


◆直近1年間のオンラインショッピングでの支払方法
直近1年間のオンラインショッピングでの支払方法は、「クレジットカード」が84.0%で最も多く、次いで「コンビニ決済」(22.2%)、以下「インターネットバンキング」「代金引換」が各2割弱で続きます。10代では「クレジットカード」が少なく、「コンビニ決済」「代金引換」「ATM・窓口での銀行振込・郵便振替」が多い傾向です。


◆オンラインショッピング支払方法決定時の重視点
オンラインショッピングの支払方法決定時の重視点は、「オンライン上で手続きが完結する」(60.9%)が最も多く、以下「手続きが簡単」「支払い手続きに時間がかからない」「割引率、ポイントなどの特典」が続きます。10・20代では「商品が早く手元に届く」「現金で支払える」などが多い傾向です。『クレジットカード』『インターネットバンキング』主利用者では「オンライン上で手続きが完結する」、『コンビニ決済』『ATM・窓口での銀行振込・郵便振替』主利用者では「手数料」「現金で支払える」「商品が届いてから支払える」などが多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング