コンデナスト・グループ インターナル・ビデオ・チームを発足

PR TIMES / 2012年11月19日 11時46分

コンデナスト・グループ、2012年11月19日付けで、社内部門の一つとして、ビデオ・チームを新設。



コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン、コンデナスト・ジャパン、コンデネット・ジェーピー(代表取締役社長:北田 淳/以下、コンデナスト・グループ)は、2012年11月19日付けで、社内部門の一つとして、ビデオ・チームを新設いたします。

コンデナスト・グループは、マルチメディアカンパニーとして雑誌を軸に、ウェブサイト、電子雑誌などを通じてコンテンツ発信を行っております。今後、ビデオ・チームは、動画コンテンツ製作を専任とし、スチル撮影の舞台裏やイベント、パーティなどの取材のほか、動画でしか表現しえない新たなコンテンツ作りを内製いたします。編集後の動画は、ウェブサイトや電子雑誌などを通じて発信予定です。

代表取締役社長の北田は次のように述べております。「スマートフォンやタブレット端末の普及や、アプリ利用の拡がり、パソコンでの動画視聴習慣の定着に伴う、新たな動画表現へのニーズの高まりを受け、このたびビデオ・チームを新設するに至りました。コンデナスト・グループでは、他の出版社に先がけて、世界各国で電子雑誌を手がけてまいりました。さらに、動画コンテンツ製作の専任チームを設けることで、クオリティの高いクリエイティビティ溢れるコンテンツ作りを一層加速し、マルチメディアカンパニーとしてさらなる飛躍を遂げるべく、邁進してまいります」


【コンデナスト・グループ会社概要】
コンデナスト・グループは、『VOGUE』『GQ』『WIRED』『Conde Nast Traveller』『Vanity Fair』などのメディア・ブランドを、世界24の国と地域で、124の雑誌と、75以上のウェブサイト、150以上のタブレットならびにスマートフォン向けアプリとして、展開しています。日本では、1999年7月に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE girl』などを手がけています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング