ガルーダ・インドネシア航空 全日本空輸株式会社との包括提携について覚書を締結

PR TIMES / 2013年12月20日 10時54分



ガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者 エミルシャ・サタル)は、2013年12月19日(木)、日本インドネシア友好55周年記念行事「Indonesia Japan Expo」会場(クマヨラン ジャカルタ)にて、ブディオノ・インドネシア共和国副大統領が見守る中、ANA(代表取締役社長 篠辺修)と二社間の包括提携に関する覚書を締結しました。

包括提携の内容は、コードシェアとマイレージ提携の2点です。日本―インドネシア間の両社運航便、及び日本(最大11路線)、インドネシア国内(最大10路線)をコードシェア便とすることで、日本の地方都市からインドネシアの地方都市への乗り継ぎが可能になります。またインドネシア全土より日本各地への渡航が便利になり、益々の訪日需要が期待できます。マイレージ提携については、その詳細について今後継続協議していく予定です。具体的な開始時期、内容については別途ホームページにてご案内します。

ANA代表取締役社長 篠辺修氏は、「ガルーダ航空との提携を発表できることをうれしく思います。今後、日本=インドネシア市場におけるネットワークにおいて、より幅広い選択肢をお客様にご提供できることを楽しみにしています」とコメントしました。

ガルーダ・インドネシア航空 社長兼最高経営責任者 エミルシャ・サタルは、「両社の提携を通じて、ガルーダ・インドネシア航空のお客様には、日本各地への旅行に際し、より多くの選択肢が増えることになります。特に東京や大阪においては両都市でのビジネスのみならず、ANAのネットワークを利用することにより日本各地での休暇をお楽しみいただけます」と述べました。

ガルーダ・インドネシア航空は、今後も路線網の拡大と便利で快適なサービスの提供を通じ、お客様の更なる利便性の向上を目指します。


ガルーダ・インドネシア航空会社について:
インドネシア共和国を代表する航空会社。会社設立1949年。日本への運航開始は1962年3月。現在、成田・羽田・関空よりインドネシアへ週28便、直行便を運航中。2013年4月現在、保有機体数は106機、平均機体年齢は5.8年。2012年の日本路線の定時運航率93.3%。インドネシアの文化や伝統をベースとした、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」がサービスコンセプト。成田・関空発便では、機内にて到着ビザの発給と入国審査が完了する「機内入国審査プログラム」を実施中。日本発着便には日本人客室乗務員が乗務し、快適な空の旅の提供に努めている。2013年6月、スカイトラックス社(英国の格付け会社)より「The World's Best Economy Class」を受賞。また、「The World's Best Airline」では、8位に入賞。2012年にも「The World's Best Regional Airline」 「The Best Regional Airline in Asia」受賞。2014年のスカイチーム正式加盟及びスカイトラックスの5スター認定獲得をめざす。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング