日報アプリ、Googleカレンダー連携で活動予定と実績報告を一元管理

PR TIMES / 2019年9月25日 10時0分

IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年9月25日より、日報・報告書アプリ「Check-in(チェックイン)」がGoogleカレンダーと連携することをお知らせいたします。報告アプリを利用することで、活動予定と実績報告をGoogleカレンダー上で一元的に管理できます。管理者は、活動予定の実施状況や実績報告をGoogleカレンダーから確認することで、最適なタイミングでメンバーにアドバイスをするなど、成果に結びつく行動ができるように促すことができます。西菱電機は、今後も、現場の管理者とメンバーの双方が使いやすいサービスを目指して、サービスの開発をしていきます。



[画像: https://prtimes.jp/i/34925/77/resize/d34925-77-504405-1.png ]

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」では、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をアウトカムとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、日報・業務報告アプリ「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスをご利用いただけます。

■「Seiryo Marketplace」とは
Seiryo Business Platformに関連する製品やサービスをオンライン上で購入することができます。導入事例、カタログなどSeiryo Business Platformに関する情報がいつでも入手できる他、今後は、開発者ブログやホワイトペーパーの掲載など、IoTや業務効率化に関する役立つ情報を発信していきます。
オンラインストアURL: https://marketplace.seiryoelectric.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング