開館10周年記念、「大人向け」&「お孫さんと参加」の特別企画!『第24回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』9月22日(土)、23日(日)開催

PR TIMES / 2012年8月30日 16時54分



体験型サイエンスミュージアム ソニー・エクスプローラサイエンス
開館10周年記念、「大人向け」&「お孫さんと参加」の特別企画!
『第24回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』
9月22日(土)、23日(日)開催
-------------------------------
 ソニーの体験型科学館 「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F)では、9月22日(土)と23日(日)の両日、デジタルビデオカメラ“ハンディカム”やパーソナルコンピュータ“VAIO”など、市販のソニー製品を分解して、そのしくみなどを学ぶ大人気ワークショップ 『第24回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』 を開催いたします。
 今回は、ソニー・エクスプローラサイエンスの開館10周年記念特別開催として通常とは異なる皆様を対象に参加者を募集します。
9月22日(土)は従来の中学3年生までの対象年齢の枠を広げ、「大人のための分解ワークショップ」と題して高校生以上の2人1組の方を対象とします。ソニー製品が好きな方や興味がある方であれば、親子だけでなく、ご友人やご夫婦での参加も可能です。
 9月23日(日)は17日(月)の敬老の日にちなみ、従来の親子での参加ではなく「お孫さんと参加する分解ワークショップ」と題して、小学3年生~中学3年生までのお子さんと祖父母の方の2人1組の方を対象とします。アナログ機器全盛期を過ごした団塊の世代の方とデジタル機器世代のお子さんが一緒にソニー製品を分解することにより、日常生活の中では気がつかない新しい発見や驚きが、相互に生まれることを期待しての開催です。お孫さんと一緒に、往年の電波少年の知識を発揮してみませんか?
 また、今まで参加された皆様からのご要望を反映し、希望者は愛用していたソニー製品を持参※し、分解することも可能です。
愛用していた様々なソニー製品を自分の手で分解することで、機器のしくみや工具の使い方を学ぶとともに、親子やご友人等と協力して体験する機会を提供します。また製品開発に携わったソニーの現役エンジニアも「分解博士」として参加します。

※希望者のみ。製品を持参されない参加者はこちらで製品を用意いたします。 お持ちいただくソニー製品は、当日持参可能な大きさの製品に限ります。
 お持ちいただく製品は動作可能なものが望ましいですが、分解実施後の復元はできませんので故障品(動作不良品)でもかまいません。
 分解後のすべての製品は資源への回帰(リサイクル)にご協力いただくため、お持ち帰りになることはできません。あらかじめご了承願います。
※“ハンディカム”・“VAIO”はソニー株式会社の登録商標です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング