MetaMoJiが、モバイル端末用の画期的なグループ・コミュニケーション・アプリ「Share Anytime」のiPhone版を提供開始

PR TIMES / 2014年2月20日 11時30分

コラボレーションを加速する共有ドライブ機能も進化

株式会社MetaMoJiは、モバイル端末用の画期的なグループ・コミュニケーション・アプリ「Share Anytime(シェア・エニイタイム)」のiPhone版を、2014年2月19日より開始しました。



2014年2月20日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが、モバイル端末用の画期的なグループ・コミュニケーション・アプリ「Share Anytime」のiPhone版を提供開始
~コラボレーションを加速する共有ドライブ機能も進化~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、モバイル端末用の画期的なグループ・コミュニケーション・アプリ「Share Anytime(シェア・エニイタイム)」のiPhone版を、2014年2月19日より開始しました。

「Share Anytime」は、2013年10月よりiPad版、12月よりWindows 8/RT版とAndroid版が提供開始されて以来、2014年1月7日~10日に米国で開催された世界最大規模の家電製品見本市『CES』では「イノベーション・デザイン・アワード」を受賞したほか、2014年1月30日に内閣官房で開催された「国・行政のあり方に関する懇談会」でも採用されるなど、国内外の先端ユーザーの間で、新しいグループ・コミュニケーションの可能性を広げつつあります。

「Share Anytime」のiPhone 版では、小さな画面でも快適にお使いいただけるようにユーザーインターフェースが最適化されています。今回新たにiPhone版が追加されたことで、「Share Anytime」のグループ・コミュニケーション機能をさらに多くのユーザーの方々にご利用いただけるようになりました。

また、今回の「Share Anytime」iPhone版の提供開始に伴い、デジタルノートアプリ「Note Anytime」の操作性の改善、およびクラウド・ストレージ「デジタルキャビネット」のノート共有機能「共有ドライブ」の使い勝手の向上を行い、複数人でのコラボレーション環境を大幅に改善しました。

MetaMoJiでは、今後もさらなる機能拡張を進めて、モバイル端末でのコンピューティングの世界を拡げてまいります。

【Note Anytime/デジタルキャビネットの主なアップデートポイント】

・「Note Anytime」の操作性の改善
・蛍光ペンの不透明度設定
・テキストペースト時のフォントサイズの自動調整
・ディテールウインドウ改行幅の詳細設定 等 多数の改善
・「デジタルキャビネット」の共有ドライブの使い勝手の向上
・招待、利用開始、管理 などのUIの一新

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング