ボッシュが第43回東京モーターショーに出展 モビリティの電動化、自動化、ネットワーク化に向けて革新技術を紹介

PR TIMES / 2013年11月22日 10時51分

すべての人に安全・快適な運転を

・電動化がもたらすクリーンで経済的なモビリティ
・事故のない安全なドライビングをサポートする車両の自動化とネットワーク化のためのソリューション
・モーターサイクルの全セグメントをカバーする安全技術
・世界中で顧客の強力なグローバルパートナーであるボッシュ

東京 - グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュは、第43回東京モーターショーでボッシュがコーポレート・スローガンに掲げる「Invented for life」を表現した革新のモビリティ技術を出展します。安全性と環境保護に貢献できる、グローバルなニーズに応える技術です。「ボッシュの自動車機器テクノロジー・セクターは現在、大きく躍進しています。同部門の2013年の売上高は、世界の自動車生産の伸びを上回る5%の成長が見込まれています。中でも好調なのがアジア太平洋地域で、成長率は約10%に達する見通しです。自動車開発の今後の主力路線は電動化と自動化、そしてネットワーク化であると私たちは見ています。そして、ボッシュはその3つの分野の技術開発競争において先頭に立っています」ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーで、自動車機器テクノロジー・セクターを統括するヴォルフヘニング・シャイダーは東京ビッグサイトで行われたプレス・ブリーフィングにおいてこう述べました。


電動化がもたらすクリーンで経済的なモビリティ
ボッシュは電動走行の実現に向けて、マイルド/ストロング/プラグインの3方式のハイブリッド、および電気自動車に対応したソリューションを実現していますが、これは「次世代自動車」の市場シェアを2020年までに20~50%、2030年には50~70%に引き上げるとしている日本政府の戦略に合致しています。
今年の東京モーターショーでボッシュは、CO2排出量を65%削減できるプラグインハイブリッドシステムをはじめとした革新技術の全容を公開します。2014年までにはボッシュのパワートレイン用電動化コンポーネントの開発プロジェクト30件が、量産化に移行します。「これらのプロジェクトを通して、高性能でコストパフォーマンスの優れた電気駆動装置をマスマーケットに投入し、一歩一歩着実に我々は完全なeモビリティの実現に近づいています」 (シャイダー)。

車両の電動化をさらに推進していく上でカギを握っているのが、バッテリー技術です。ボッシュは高度な電池制御技術と先進的な電気化学・素材技術を駆使して、2020年末までにリチウムイオンバッテリーのコストを半減し、バッテリーのエネルギー蓄電容量を2倍に引き上げることを目標にしています。ボッシュはその早期実現のため、株式会社GSユアサ、三菱商事株式会社の2社と合弁事業契約を締結しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング