正しく答えれば、あなたの評価は一変します!

PR TIMES / 2013年6月10日 15時3分

中経出版

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年6月14日に新刊『仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」』を刊行します。



部下の仕事の9割は、聞かれたことに正しく答えることです!


話し方やプレゼンの技術を学んだのに、仕事が評価されている実感がない・・・

これには根本的な原因があることにお気づきでしょうか?


部下であるあなたの仕事は、

●上司から受けた質問に答える。

●上司から受けた指示を実行する。

●上司から説教される。

●お客さまから受けた質問に対応する。

●お客さまから受けたクレームに対応する。

などです。

つまり、部下であるあなたが磨くべきスキルは、「話し方」ではなく「答え方」です!

【問題】

上司 「どうして売り上げが伸びないの?」

社員A「少子化とデフレによって、マーケットが縮小したからです」
社員B「顧客管理を怠って、得意客を逃してしまいました」

さあ、二人のうち、評価されるのはどちらの「答え方」でしょうか?

本書は、大手予備校で国語と小論文を指導する「日本語のプロ」が、すぐに使える、そして、正しい「受け答え」のルールを解説します!


●違いの説明をするときは ⇒ Aは○○ + Bは○○

●自己紹介をするときは ⇒ 他の人との違い + 相手へのメリット

●特徴を説明するときは ⇒ 他のものとの違いを示す

●どういうこと?と聞かれたら ⇒ わかる言葉に言い換える


本書で、「こう聞かれたら、こう答える」という受け答えの「型」を身につければ、あなたの評価は一変します!


もくじ


第1章 答え方には「型」がある
1 「すごさ」は「比較」で示しなさい
2 結論は最初の3秒で
3 形容詞を数字に置き換えると
4 「似ている」と「同じ」は全然違う
5 「結果」だけでは「変化」にならない
6 「あるといい」より「ないと困る」
7 浮気疑惑は固有名詞で切り抜ける
8 「意見を述べよ」に「感想」を答えるな
9 「絶対大丈夫」と思わせる話の構造
10 「残念」「ガッカリ」の正しい使い方
11 「これでもいい」より「これじゃなきゃダメ」
12 できる人は「微妙」とは言わない
13 「方針」とは「やらないこと」を決めること
14 伝わりにくい「もしも~ならば」
15 確実に覚えてもらえる自己紹介
16 買う気にさせる「お似合いです」の言い方
17 否定語ではなく肯定語で締めくくろう

第2章 その質問、本当はこういう意味なんです
18 「2位じゃダメなんですか?」への正しい答え方
19 その質問、圧迫面接ですか?
20 「どういうこと?」って、どういうこと?1.
21 「どういうこと?」って、どういうこと?2.
22 「どういうこと?」って、どういうこと?3.
23 修飾語は「飾り」ではない
24 志望理由で過去を語るな
25 「そう判断する根拠」を求められたら

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング