ピクスタの技術顧問に和田卓人氏が就任

PR TIMES / 2019年10月1日 11時40分

海外展開、新規事業の成長と創出を見据えて技術・組織の両面を強化

写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( https://pixta.jp )や出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」( https://fotowa.com/)を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416、以下「ピクスタ」)は、今後の事業拡大のため、2019年10月1日、新たに技術顧問として、タワーズ・クエスト株式会社 取締役社長 和田卓人氏を迎えたことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8963/78/resize/d8963-78-160954-0.jpg ]

■背景

ピクスタは「才能をつなぎ、世界をポジティブにする」ことを理念に、現在、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA」、出張撮影プラットフォーム「fotowa」及び「fotowa biz」、芸術家支援プラットフォーム「mecelo」、スマホアプリで写真の売買ができる「Snapmart」などの、「クリエイティブ・プラットフォーム事業」を国内外に展開しています。

日本におけるテスト駆動開発(TDD)の第一人者として知られるタワーズ・クエスト株式会社 取締役社長 和田卓人氏には、2013年頃より、PIXTA事業の開発において時折、ご助力・ご指南いただいておりました。しかし、事業・組織共に拡大し、今後のサービスの価値の最大化と海外展開、そして新たなクリエイティブ・プラットフォームの創造に向け、技術的にも組織的にもより難易度の高い課題解決に対応すべく、正式に技術顧問として和田卓人氏を迎えることとなりました。

今後は、和田氏と共に、開発体制を一層強化し、エンジニアの育成とテクノロジーを活かした新たなサービス開発を進め、組織全体におけるエンジニアリング力の強化と、質の高いスピーディーな開発を目指します。

■和田卓人氏より技術顧問就任コメント

ピクスタとは、まだテストコードもなく、様々な技術負債が蓄積され、品質面に問題を抱えていた2013年頃からの付き合いです。そこから2015年の上場に向けて、共に、テストをはじめとした品質面での立て直しを行い、地道な改善を重ねて技術負債を返済しました。
いまのピクスタは、自分たちで問題を定義し、解決に向けて計画・実行できる技術組織に育っています。今後の事業拡大と新規事業展開を見据え、よりスケールが大きく複雑な問題に立ち向かっていくフェーズにおいて、技術選定や技術組織運営に関する判断などに関わることで、これからのピクスタのチャレンジを支えていきたいと考えています。

【略歴】
和田 卓人 (わだ たくと)
タワーズ・クエスト株式会社 取締役社長、プログラマ、テスト駆動開発者
Twitter: @t_wada( https://twitter.com/t_wada
GitHub: @twada( https://github.com/twada

学生時代にソフトウェア工学を学び、オブジェクト指向分析/設計に傾倒する。
その後様々な縁に導かれソフトウェアパターンやXP(eXtreme Programming)を実践する人たちと出会い、後のテスト駆動開発(TDD)の誕生を知る。
テスト駆動開発に「完璧主義の呪い(完璧な設計を得るまではコードを書けないし良いシステムも出来ないという強迫観念)」を解いてもらってからは、文章や講演、ハンズオンイベントなどを通じてテスト駆動開発を広めようと努力している。
『プログラマが知るべき97のこと』(オライリージャパン、2010)監修。『SQLアンチパターン』(オライリージャパン、2013)監訳。『テスト駆動開発』(オーム社、2017)翻訳。

■和田氏を技術顧問に迎えるにあたって

[画像2: https://prtimes.jp/i/8963/78/resize/d8963-78-174439-1.jpg ]

◎プラットフォーム推進本部 開発部 部長 星 直史より

PIXTAのシステムは、モノリシックなシステムやマイクロサービスアーキテクチャを採用した独立したシステムまで、多くのサービスが存在します。
また、「世界中の才能をつなげるクリエイティブプラットフォームを創造していく」をグループビジョンに掲げており、今後のビジネス展開として、PIXTA、fotowaだけではなく、クリエイティブ分野における新たなサービス作りをしていきます。
その目標に対して、アーキテクチャ設計、開発組織のあり方、エンジニアの育成など、まだまだ未成熟な部分が多々あります。
開発部門はビジネスの成長の原動力の一つであり重要な役割ですので、システムやエンジニアの成長は不可欠だと考えています。

和田さんには以前から、技術的な部分以外にも組織や人に対する問題についての相談やアドバイスをいただいておりましたが、今後のサービスの拡大、新サービスのリリース、組織の成長を考えると、課題の複雑度や難易度などがより高まると予想しています。このタイミングで和田さんに技術顧問に就任していただけたのは、非常に心強く感じております。

◎プラットフォーム推進本部 開発部 技術推進室 室長 後藤 優一より

これまでピクスタ開発部では、「経営課題の達成に必要な要求に対して、質の高いアウトプットを速く継続的に出せている状態」をあるべき姿として、日々進化する技術を取り入れたり、組織の形を変えていくことで、創業事業であるPIXTAの価値を高めることに注力してきました。近年では、海外拠点の設立によるPIXTAの海外展開の本格化や、fotowaをはじめとした新規事業がスタートしたことで、異なる成長フェーズにある複数の事業の開発を担うようになりました。こうした状況において、わたしたちが今後も高い価値を生み出し続けるためには、より質の高い問題発見と解決を行っていくことが必要だと感じていました。

今回、かねてよりお世話になっていた和田さんに技術顧問に就任いただけることをとても嬉しく思っています。直近では、現在進めているPIXTAのリアーキテクティングや新規事業の開発体制作りにおいて、技術や組織に関する幅広い視野からの助言をいただけることを期待しています。中長期的には、国内外に複数の開発拠点を持ち、さまざまなクリエイティブ・プラットフォーム事業を開発している「日本発の世界的ソフトウェア企業」を一緒に作っていきたいと考えています。

◎ ピクスタ開発ブログ「てくすた」: https://texta.pixta.jp/

■ピクスタ株式会社 会社概要

社 名:ピクスタ株式会社(東証マザーズ:3416)
設 立:2005年8月25日
所在地:東京都渋谷区渋谷2−12−19 東建インターナショナルビル5F
TEL:03-5774-2692 / FAX:03-5774-2695
資本金:319,477千円(2019年6月末時点)
代表取締役社長:古俣 大介
URL: https://pixta.co.jp/
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
     出張撮影マッチングサービス「fotowa」「fotowa biz」の運営
     芸術家支援プラットフォーム「mecelo」の運営
支 店:日商匹克斯塔圖庫股份有限公司台湾分公司(英文名:PIXTA INC. TAIWAN BRANCH)
子会社:スナップマート株式会社
    Topic Images Inc.
    PIXTA ASIA PTE. LTD.
    PIXTA (THAILAND) CO., LTD.
    PIXTA VIETNAM CO., LTD.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング