思考力と人間力を育む やる気スイッチグループの幼児教室チャイルド・アイズ東川口校(埼玉県) 3月10日新規開校 

PR TIMES / 2018年3月23日 11時1分

子どもの思考力・判断力・表現力を磨く

総合教育事業を展開する株式会社 やる気スイッチグループホールディングス (東京・中央区)が運営する思考力と人間力を育む やる気スイッチグループの幼児教室チャイルド・アイズ東川口校(埼玉)が開校致しました。

学習指導要領が改訂され、2020年から全国の学校で新しい教育がはじまります。改訂の大きなポイントは「知識を使う力」を身につけること。思考力・判断力・表現力など、社会で求められる力を学校でも教えることになります。

「考える力」や「表現する力」を測るため、知識を覚えるだけでは解けないユニークな問題が出題される私立中学の入試をはじめ、「思考力」がいっそう求められる時代を迎えようとしています。チャイルド・アイズでは開始当時から「思考力」の重要性を提唱し、「自分で考え、自分で決め、自分で行動できる子」を育てて参りました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/28894/78/resize/d28894-78-679746-8.jpg ]

                写真中央:1.5歳から小学生まで

幼児期の教育環境で最も大切なのは、「どうして?」「もっと知りたい!」という興味の芽をみつけ、それを育むことと言われています。チャイルド・アイズでは「受け入れる」「考える」「表現する」という一連のプロセスをレッスンを通じて体験することで、将来の成長に向けた大きな力となる思考力を育んでいます。

1.5歳~未就学児のお子さまを対象にした知能育成コースでは、五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)教育を通じてさまざまな刺激を子どもたちに与え、脳全体が等しく発達することを目指しています。具体物に実際に触れる=手を動かしながら考える(頭を使う)ことで、脳へ刺激を与え、思考力や読解力に強いお子さまを育てます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28894/78/resize/d28894-78-252309-2.jpg ]

              写真中央:「算数好き」を育てるパターンブロック。
              ハンズオン・マスをレッスンに取り入れることで、
               楽しみながら算数のセンスを磨いていきます。

チャイルド・アイズで使う具体物(オリジナル教材)は100種類以上、日本で初めて知能教育を始めた知研式知能理論をもとに生みだされた教材です。市販されている知育玩具のように知識を教え込むものではなく、子どもに考える力・憶える力を養わせるための教材です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/28894/78/resize/d28894-78-659440-7.jpg ]


また幼稚園受験・小学校受験・中学校受験準備もご用意。知育を受けている小学生のお子さまの「思考力」をより鍛える「思考力アドバンス」や年中・年長のお子さまの「表現的思考力」を特にのばす「思考力実践コース」などお子さまの成長や目標にあわせて様々なコースの中から選んでいただくことができます。

■スクール概要
・住所:〒333-0802
 埼玉県川口市戸塚東1-2-21
 スリーズマンション104号
・HP: http://navi.childeyes.jp/tabid/61/pdid/8F63/Default.aspx

■会社概要
・法人名:株式会社 やる気スイッチグループホールディングス
・代表者:代表取締役社長 高橋 直司
・本社所在地:東京都中央区八丁堀2-24-2 八丁堀第一生命ビル8F
・グループ会社:株式会社 拓人、株式会社 拓人こども未来
・主な事業概要:個別指導塾スクールIE、英会話スクールWinBe、幼児教育のチャイルド・アイズ、英語で預かる学童保育Kids Duo、バイリンガル幼児園Kids Duo International・キッズスポーツ忍者ナインの経営ならびに、この事業を営む会社の株式または持分を保有する事により行う、当該会社の事業活動の支援、管理及び事務代行、経営指導等の業務
・運営する教育施設数:1,417校 (2018年2 月28 日現在)
・チャイルド・アイズ HP: http://www.childeyes.jp/
・体験授業・お教室に関するお問い合わせ:0800-700-1119(フリーコール)

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社 やる気スイッチグループホールディングス
ブランド企画本部 広報室:荒島
TEL:03-5542-2757/FAX:03-5542-2759
携帯:070-3817-2119 Mail:ka_arashima@tact-net.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング