ベーリンガーインゲルハイム、アニマルヘルス事業のプレゼンスを中国で強化 -動物用ワクチンの製造で共同事業契約を締結

PR TIMES / 2012年6月4日 9時22分

この資料は、ドイツのベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim GmbH)が5月30日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。なお、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。

2012年5月30日 ドイツ/インゲルハイム、中国/秦州市

研究開発を主導するベーリンガーインゲルハイムと中国江蘇省秦州市のチャイナ・メディカル・シティはこのほど、動物用ワクチンの製造工場設立について契約を締結したと発表しました。同契約の条項により、秦州市にある医薬産業特区のチャイナ・メディカル・シティ内に、この工場は建設されます。総投資額は5,550万ユーロ以上を予定しており、完成すれば、アジア最大級の動物用ワクチン製造工場となります。ベーリンガーインゲルハイムは2012年3月、上海張江にアジア動物薬研究開発センター(Asian Veterinary Research & Development Center)を開設しましたが、それに続く今回の契約もまた、アニマルヘルス事業を中国で拡大していくための布石となります。

財務・アニマルヘルス事業担当取締役のフベルトゥス・フォン・バウムバッハは次のように述べました。「研究開発センター開設や今回の契約締結は、中国に対する長期的なコミットメントを示すものです。ベーリンガーインゲルハイムは、アニマルヘルス事業のグローバルリーダーであり、特に豚用ワクチン分野で大きくリードしています。この共同事業契約を軸に、当社の動物用ワクチン事業における研究開発、製造、販売という総合的なバリューチェーンを中国で本格的に構築します」。

ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス担当上級副社長のゲオルク・ハイドガーケン(George Heidgerken)は、「秦州市のチャイナ・メディカル・シティは何よりも地理的に恵まれ、健全な投資環境が整っており、優秀な人材が集まっています。真にベーリンガーインゲルハイムの望む最適なビジネスパートナーと言えます」と、述べました。

秦州市 上級副市長のロン・ホー(Rong He)氏は、「世界有数の製薬企業であるベーリンガーインゲルハイムが動物用ワクチンの製造拠点を秦州市に設置するとの決定は、将来を見据えたものであり、戦略的な重要性を持つこととなるでしょう」と、コメントしました。この製造工場では、中国をはじめとするアジア市場向けの豚用ワクチンと家禽用ワクチンが製造される予定です。これにより200人以上の雇用機会が生み出されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング