デルタ航空、ビジネスクラスにウェスティンホテルのヘブンリーベッド製品を導入

PR TIMES / 2013年2月27日 14時0分

機内でさらに快適な睡眠環境をお届けします

デルタ航空は機内での睡眠環境を向上させるため、ウェスティンホテルがデルタ航空専用に開発した「ヘブンリーベッド」製品を、長距離線最上位クラスであるビジネスクラス「ビジネスエリート」に導入します。
ウェスティンヘブンリーインフライト寝具(Westin Heavenly(R) In-Flight bedding)は、今年6月から日本発着路線を含む国際線などに導入されます。また、カリフォルニア州で実施中のTED2013カンファレンスにて、快適な睡眠をテーマに著名教授によるトークショーを開催し、会場にプロモーションスペースをオープンします。



【米国アトランタ、2013年2月26日(日本時間27日)】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、機内での睡眠環境を向上させるため、ウェスティンホテルがデルタ航空専用に開発した「ヘブンリーベッド」製品を、長距離線最上位クラスであるビジネスクラス「ビジネスエリート」に導入します。

ウェスティンヘブンリーインフライト寝具(Westin Heavenly(R) In-Flight bedding)は、今年6月から国際線と、ニューヨークとロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルを結ぶ大陸横断路線、およびアトランタとホノルルを結ぶ長距離国内線のビジネスリートに導入されます。ウェスティンヘブンリー製の枕と贅沢な厚さのコンフォーター(布団)が各座席に配置され、12時間以上のフライトではランバーピロー(腰を支える小さな枕)が追加されます。

デルタ航空機内サービス担当上級副社長、ジョアンナ・スミス(Joanne Smith)は次のように述べています。
「デルタ航空ではお客様に機内で最高の睡眠環境をご提供したいと考えています。旅行業界を代表するブランドのひとつで、同じ目標を共有するウェスティンホテル&リゾーツと協力できることは、大変光栄です。最近実施した調査で、お客様が機内で最も重視する要素は睡眠であるという結果が出ました。新しいヘブンリーベッド製品の導入は、機内でゆっくりお休みいただき、リフレッシュしていただくための取り組みの一環です。」

ウェスティンホテルのグローバルブランドリーダー、ブライアン・ポビネリ氏(Brian Povinelli)は、次のように話しています。「ウェスティンが世界の主要市場で目覚ましい成長を遂げているこの時期に、世界中を旅するデルタ航空のお客様にウェスティンヘブンリーをご体験いただけることは、私たちにとって何よりの喜びです。快適な眠りは私たちのお客様にとって最も大事なことであり、私たちは、ビジネスでお出かけのお客様に最高のベッドと睡眠をご用意することで知られております。ウェスティンヘブンリーインフライトの寝具によって、デルタ航空のお客様には、地上に降り立ったときには活力を回復しリフレッシュしていただけます。ウェスティンヘブンリーによる快適な睡眠は、機内でも、当ホテルでも、ご自宅でもご体験いただけます」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング