アジア最大級のテックカンファレンス「Tech in Asia Tokyo 2018」の公式サイトがOPENしました!

PR TIMES / 2018年7月10日 10時1分

7月15日まで、カンファレンスチケットの20%キャンペーンを実施中!

アジアのスタートアップエコシステムの発展を目指す Tech in Asia (本社:シンガポール 代表:Willis Wee 以下Tech in Asia)は2018年9月20日(木)・21日(金)の2日間を通じて、アジア最大級のテック・カンファレンス 「Tech in Asia Tokyo 2018」を渋谷ヒカリエにて開催します。その公式サイトがOPENとなりましたことを、ここにお知らせいたします。



イベントURL: https://www.techinasia.com/events/tokyo

[画像1: https://prtimes.jp/i/14933/81/resize/d14933-81-244622-3.jpg ]



【Tech in Asia Tokyo 2018について】
Tech in Asia Conferenceはアジア地域のテックコミュニティをコミュニティを構築するというTech in Asiaのミッションの実現を加速させるために、アジアのスタートアップエコシステムのオフラインでの繋がりを強化するために、2012年に考案されました。

シンガポール、東京、ジャカルタで開催されているTech in Asiaのカンファレンスシリーズは、アジアで最大の規模を誇っています。

近年日本のスタートアップシーンは着実に成熟・発展しており、世界中の投資家や企業の注目を集めています。 日本のスタートアップの技術は、革新的でダイナミックなものとして広く賞賛されており、ユニークかつ急成長を遂げる日本のスタートアップ生態系から学べることは多くあります。

Tech in Asia Tokyo 2018は、日本市場への参入に関心のある投資家・海外の企業や、グローバル進出を目指す日本のスタートアップや企業の皆様のためのカンファレンスです。


【Tech in Asia Tokyo 2018に参加すべき3つの理由】
1. 業界のエキスパートから学ぶ
テクノロジーに関する最新の情報や独自のインサイトを聞くことができます。 AI、ブロックチェーン、ハードウェア、Fintechなどの業界のトップ技術者と専門家が集結し、来場者の皆さんがテクノロジーに関する更なる理解を深める機会を提供します。

2. ここでしか出会えないキーパーソン
良質なネットワーキングのチャンスを逃さないようにしましょう! 2,000人を超えるスタートアップや企業、投資家、開発者などの幅広い分野のメンバーが来場しており、質の高い出会いの機会がたくさんあります。

3. 有望なスタートアップをチェック
アジア各地から選抜されたスタートアップ120社がカンファレンスフロアでのブース展示を行います。 将来有望なスタートアップが持つ最先端の技術と彼らが描く未来をぜひチェックして下さい。

【Tech in Asia Tokyo 2018公式サイトでご確認頂けること】
・イベントについて
・カンファレンス コンテンツのアジェンダ
・投資家面談の紹介
・交流会の紹介
・スタートアップ出展の申し込み
・スポンサー出展のお問い合わせ
・メディア登録
・ボランティア登録
*一部現時点で未公開のものも含まれております。


【イベント概要】
開催日程: 2018年 9月20日(木)・9月21日(金)
開催時間:両日共に 9:00-18:00 (予定)
開催場所:渋谷ヒカリエ

※7月15日(日)まで、カンファレンスチケットの20%キャンペーンを実施中です!

チケット購入:公式サイト下部の「チケットを購入する」より
https://www.techinasia.com/events/tokyo

※2018年7月10日付:リリース原稿の訂正とお詫び
7月10日に配信いたしましたプレスリリース「Tech in Asia Tokyo 2018公式サイト OPEN」におきまして、内容に一部誤りがございました。深くお詫びいたしますとともに、謹んで訂正させていただきます。


【Tech in Asiaについて】
Tech in Asiaは、アジアのTech & Startupエコシステムの醸成を担う、オンライン+オフラインプラトフォームです。シンガポール本社をはじめ、アジアの12都市に150名以上のスタッフが常駐し、主に以下のような事業を行っております。
・アジア最大のスタートアップメディア "techinasia.com"の運営
・アジア3ヶ国での大規模カンファレンス運営 (シンガポール、インドネシア、日本)
・テック/ビジネス感度の強い読者を繋げる人材プラットフォーム
URL: https://jp.techinasia.com/

【お問い合わせ】
ご質問がある方はお気軽に下記のアドレスまでご連絡ください。
Tech in Asia Japan 広報担当
Email : japan@techinasia.com

[画像2: https://prtimes.jp/i/14933/81/resize/d14933-81-544795-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング