ユニヴァ・ペイキャストがモバイルオーダーを提供するLBB社へ出資、提携

PR TIMES / 2019年8月21日 22時40分

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト(所在地:東京都港区、代表取締役会長:稲葉 秀二、代表取締役社長:中尾 周平)は株式会社LBB(所在地:大阪市中央区、代表取締役:宮本 敦史、以下LBB社)へ、インベスターとして第1回J-KISS型新株予約権発行を実施したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16178/81/resize/d16178-81-904189-2.png ]

令和元年7月10日、弊社はLBB社へのJ-KISS型新株予約権発行を行い、業務提携をいたしました。
これにより、弊社からモバイルオーダーアプリ「L.B.B.Order」と、セルフレジ型POSレジアプリ「L.B.B.Register」をご提供可能となり、弊社マルチQR決済機能との連携が強化される見込みです。

LBBとは

スマホで簡単に予約・注文・決済ができるモバイルオーダーアプリ「L.B.B.Order」と、5言語のインバウンドに対応した、セルフレジ型POSレジアプリ「L.B.B.Register」を展開。
iPadとお客様のスマートフォンを利用することで、低コストでキャッシュレス環境の構築ができ、店舗スタッフの省人化、QRコード決済やモバイルオーダーによるデジタルシフト化を簡単に実現するプラットフォームです。
※Apple、Appleロゴ、iPad、iPhone、iPod touchは、Apple Inc,の登録商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
参照: https://lbb.co.jp

OEM提供により独自QRコード決済機能を持つオリジナルPayも運用可能に

L.B.B.(L.B.B.Order、L.B.B.Register)の基本機能をカスタマイズし、事業者様の自社会員アプリやWEBに、独自QRコード決済機能を持つオリジナルPayをOEMにて提供しております。
「スタジアム・イベント会場内の飲食物販」、「FC展開をしている飲食店・美容院・サロン」など、業種を問わず様々なクローズド環境において独自QRコード決済を簡単に導入可能です。

UnivaPayとは

[画像2: https://prtimes.jp/i/16178/81/resize/d16178-81-655967-1.png ]

「あらゆる決済手段を、ひとつに」をコンセプトとし、当社が運営する決済サービス。
中国インバウンド対策には欠かすことのできないALIPAY、WeChatペイに対応しており、言葉の壁を感じることなく決済をすることが可能です。
QR決済システム「UnivaPay」の実店舗には、アプリ「UnivaPay StoreApp」を提供しており、ALIPAY、WeChatペイといった中国向け決済だけではなく、d払いやPayPayといった国内QR決済も対応しています。
QR決済のAPIも公開しており、独自の店舗/施設用アプリやPOSや自動販売機といった機器との連携も簡単です。
なお、ALIPAY、WeChatペイはECサイトにも対応可能です。
※「d払い」および「d払い」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「PayPay」および「PayPay」ロゴは、PayPay株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング