ブレイク直前、2019年話題のニューカマーをいち早くチェック!「Spotify Early Noise Night #12 Osaka」 9月13日(金)開催決定

PR TIMES / 2019年8月22日 15時40分

秋山黄色、 Omoinotake、kiki vivi lily、Kitri、THE CHARM PARK 、Maica_nの6組が大阪で熱いパフォーマンス!前売チケットは本日より販売

世界で2億3,200万人以上のユーザーが利用する音楽ストリーミングサービス Spotify(会社名 Spotify AB / 本社 Stockholm, Sweden)は、Spotifyが今年注目する新進気鋭の国内アーティスト6組が出演するライブイベント「Spotify Early Noise Night #12 Osaka」を、9月13日(金)に大阪・心斎橋Music Club JANUSにて開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-396247-0.jpg ]

Spotifyがプッシュする旬のアーティストをいち早く見られる、耳の早い音楽リスナー向けのイベント「Early Noise Night」。大阪で3回目の開催となる今回は、力強いボーカルとメロディアスなギターで魅了する秋山黄色、渋谷のストリートライブで驚異の集客力を誇り話題となったOmoinotake、中毒性のある歌声とポップな魅力を合わせ持つkiki vivi lily、ピアノの連弾で独自の世界観を体現する姉妹デュオのKitri、“新世代ポップマエストロ”シンガーソングライター Charm (チャーム) によるソロユニット THE CHARM PARK、デビューEP「秘密」で早耳リスナーを騒然とさせたMaica_nの6組が集結!

前売り券は1,000円(税込)※注 で、イープラス( https://eplus.jp/enn-osaka/ )にて本日より販売致します。本イベントに連動するプレイリスト「Early Noise Night #12」( http://spoti.fi/EarlyNoiseJapan)では出演アーティストの代表曲をお楽しみいただけます。
※注 入場は前売券 1,000円、当日券2,000円。いずれも税込みで2ドリンク代が別途必要。


イベントの概要は次の通りです。

Spotify Early Noise Night #12 Osaka
https://spotify-earlynoise.jp/
■日時: 2019年 9月 13日(金) 開場18:00 / 開演 18:30
■会場: 心斎橋 Music Club JANUS(大阪市中央区東心斎橋2丁目4−30 5F)
■出演: 秋山黄色/Omoinotake/kiki vivi lily/Kitri /THE CHARM PARK/Maica_n
■MC: 土井コマキ、竹内琢也(FM802 DJ)
■料金: 前売券 ¥1,000-(税込 / スタンディング / 整理番号付き/2ドリンク別)
     当日券 ¥2,000-(税込 / スタンディング / 整理番号付き/2ドリンク別)
■チケット販売: イープラス   https://eplus.jp/enn-osaka/
■注意事項: 出演者のキャンセル・変更によるチケットの払い戻しはいたしません
       未就学児童の入場は出来ません
■お問い合わせ先: キョードーインフォメーション(Tel 0570-200-888)
■主催:Spotify
■協賛:Chupa Chups
■協力:FM802 BEAT EXPO / Spincoaster
■企画・制作:Spotify / Music Club JANUS / キョードー関西


<アーティスト紹介>
秋山黄色

[画像2: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-494812-1.jpg ]

1996年3月11日生まれ。宇都宮市出身。専門学校中退のフリーター。中学生の頃、TVアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時にスピッツ「チェリー」を覚え、即興で歌ったことがきっかけとなり初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやsoundcloudに50曲以上の動画や音源を投稿。(※現在のものとは別アカウント)作詞・作曲・編曲はもちろん、映像・イラスト制作まで自身で手掛ける。これらをきっかけに2017年12月から宇都宮、東京を中心にライブ活動をスタート。2019年1月23日に1st mini album『Hello my shoes』をリリース。またこの日から秋山黄色1st mini album『Hello my shoes』 release LIVE“What color are you?”を3ヶ月連続で開催。

Omoinotake

[画像3: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-542647-4.jpg ]

島根県出身、Key/Vo藤井レオBa/Cho福島智朗(エモアキ)、Dr/Cho冨田洋之進(ドラゲ)からなるギターレス、ピアノ・トリオバンド。中学からの同級生だった彼らが2012年東京で結成。渋谷を中心に活動、ライブを重ね、その人気と実力を形成してきた。特に渋谷のストリートライブではその集客が話題となり、メディアでも取り上げられる。ファンの要望が高いストリートライブは今では実施困難に。インディーリリースながら2017年1st full album「So far」、1st mini album「beside」、2018年2nd mini album「Street Light」がスマッシュヒット。さらに2019.1.22 Shibuya WWWで開催された「Street Light」ツアーファイナルワンマンライブ即ソールドアウトを記録。2019.7.31には初となる配信限定で”惑星”をリリース。Spotifyでは数々の注目のプレイリストに選出、ラジオ各局でも何度もOAされ、SNSから話題を集め大ヒットとなった。さらには同年9.9にはTSUTAYA O-WESTにて自主企画では最大キャパとなるイベントが開催される。ソウル、R&B、HIPHOPなどブラックミュージックの系譜からインスパイアされ生み出す彼らのセンス溢れるサウンドメイク、そして繊細ながらも情感を揺さぶる藤井レオの魅力的なボーカルが、今の時代のカルチャーと相まって、今後最も活躍が期待されるバンドである。日本テレビ系「バズリズム」やフジテレビ系「Love music」で特集され、今後も彼らの活動は見逃せない。

kiki vivi lily

[画像4: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-828180-6.jpg ]

2016年10月にEP『LOVIN’ YOU』でデビュー。スウィートで魅惑的な歌声と類稀なるメロディーセンスで独自のポップミュージックを展開。確かな音楽感覚は軽やかに様々なシーンとクロスオーバーしながら、玄人のみならず幅広い音楽愛好家を魅了。2018年にクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」に加入。ヒップホップシーンの第一線で活躍するアーティストの作品に参加し話題を呼ぶ。2019年6月には1st Full Album『vivid』を発表。リリース以降、Spotifyでは人気プレイリスト「Women’s Voice」のカバーアートとして採用され、Apple MusicのJ-POPチャートではアルバムランキング上位をキープし、多数のプレイリストに選出されるなど、上半期の重要作品として注目されている。


Kitri

[画像5: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-125137-2.jpg ]

姉のMona と妹のHinaによるピアノ連弾ボーカルユニット。Mona はボーカル、ピアノ低音部(Secondo)を担当、Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo) を担当、ギター、パーカッション他。幼い頃よりクラシックピアノを習いMonaは大学で作曲を専攻。Hinaは芸術学を専攻する。2015年~京都を拠点に音楽活動を開始。2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、その音源を聴いた大橋が絶賛。大橋が手掛ていた、映画「PとJK」(廣木隆一監督、亀梨和也・土屋太鳳主演)の劇伴音楽に、テーマ曲のボーカルとハミングで参加する。2017年、過去の音源を大橋トリオプロデュースにより再録音して、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤「Opus 0」が完成する。 試験的にストリーミング配信をしたところ反響を呼び、自主音源にしてラジオのパワープレイ獲得、出演スタジオ演奏披露などを行う

THE CHARM PARK

[画像6: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-973319-5.jpg ]

シンガーソングライター、Charm(チャーム)によるソロユニット。8歳から24歳までアメリカで過ごし、小学校3年生から高校まではロサンゼルス、その後ボストンの音大に通い、卒業後はまたロサンゼルスにて過ごす。2015年リリースの1stミニアルバム『A LETTER』から本格的な活動を始め、これまでに2枚のミニアルバム、1枚のアルバムをリリース。各方面から作曲や歌唱、演奏の依頼が後を絶たず、ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERSボーカリストの登坂広臣などに楽曲提供や、Monky Majikのコラボアルバムへの参加、大橋トリオのツアーサポートメンバーに抜擢されるなど注目を集めている。

Maica-n

[画像7: https://prtimes.jp/i/22249/81/resize/d22249-81-958145-3.jpg ]

2000年9月14日生まれ。幼少期より父親の聴く音楽に触れ、Beatles、The Band、Donny Hathaway、Eric Clapton、Sheryl Crow、Rickie Lee Jones、James Taylor、Boz Scaggsなどを聴きながら育つ。初めて買った洋楽アルバムはBen L’oncle Soulの「Ben L’oncle Soul」。中学に入ると、Elvis PresleyやStray Catsなどを好んで聴くようになり、同時期にギターを使って作曲をはじめるようになる。また、眼に映る日々の出来事を書き留める習慣があり、歌詞の土台はその日記から生まれることが多い。そのためMaica_nのオリジナル楽曲は、"ノンフィクション"であることが多い。2019年6月5日に、Tower Record ~ Here, Play pop! Record Labelより5曲入りEP「秘密」をリリース。


Spotify について
Spotifyは2008年のサービス開始以来、音楽の楽しみ方を進化させてきました。 当社のミッションは、アーティストが作品への対価を得てクリエイティブな活動を継続できるように努めるとともに、音楽ファンがアーティストの作品を享受できるように努めることにあり、音楽への愛情こそが我々のすべて活動の原動力となっています。
Spotifyでは5,000万以上の楽曲を無料でも発見・管理・共有いただくことができますが、有料のプレミアムプランである「Spotify Premium」にアップグレードいただくと、広告が入らず、より良い音質で、またダウンロードすればオフラインでも音楽をお楽しみいただくことができ、Spotify Connectなどの付加価値機能もご利用いただけます。
現在、Spotifyは世界最大の音楽ストリーミングサービスであり、世界79の国と地域に1億人以上のSpotify Premium会員を含む 2億3,200万人以上のユーザーを抱える音楽コミュニティとなっています。
https://www.spotify.com/jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング