1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AI型教材「Qubena (キュビナ)」を開発・提供する株式会社COMPASS 「Edvation × Summit 2021 Online」に登壇

PR TIMES / 2021年10月28日 18時15分

~セッションテーマは「ティーチャープレナー」新しい時代の先生の可能性~

株式会社COMPASS(本社:東京都千代田区、代表取締役:小川正幹)はこのたび、オンラインイベント「Edvation × Summit 2021 Online」にゴールドスポンサーとして協賛し、新渡戸文化中学高等学校・統括校長補佐の山本崇雄先生、HILLOCK初等部 スクールディレクターの蓑手章吾先生とともに「ティーチャープレナー」をテーマとするパネルディスカッションを11月21日(日)に開催することをご報告いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/24557/82/resize/d24557-82-dba9996a9b290ec95b2c-0.jpg ]

「教育イノベーターのためのグローバルカンファレンス」として11月18日(木)、19日(金)、20日(土)、21日(日)の4日間を通して開催される「Edvation x Summit (エドベーションサミット) 2021 Online ~Beyond GIGA~」(主催:一般社団法人教育イノベーション協議会)。本年は参加費無料のオンライン開催となり、100名以上の登壇者による30を超えるセッションのライブ配信が予定されています。

COMPASSは同イベントにゴールドスポンサーとして協賛。イベント最終日となる11月21日(日)に開催されるセッション「ティーチャープレナー ~新しい時代の先生の可能性~」に未来教育部 部長の木川がモデレーターとして登壇。ともに公立学校のキャリアを離れ、新しい学校教育のかたちにチャレンジする山本崇雄先生、蓑手章吾先生をパネリストに迎え、この変化の時代における「新しい学校」、「先生のあり方」の可能性について、自由に意見を交わします。

【セッション概要】
ティーチャープレナー ~新しい時代の先生の可能性~

◆日時: 2021年11月21日(日) 16:00~16:40
◆登壇者プロフィール:
山本崇雄先生(新渡戸文化中学高等学校・統括校長補佐)
新渡戸文化中高、横浜創英中高、浜松開誠館中高の他、日本パブリックリレーションズ研究所、GRASグループ、NewsPicksなど複数の企業でも活動。Apple Distinguished Educator、LEGO(R) SERIOUS PLAY(R)認定ファシリテータ。東京都立中高一貫教育校を経て2019年度より現職。「教えない授業」と呼ばれる自律型学習者を育てる授業を実践。検定教科書『NEW CROWN ENGLISH SERIES』『My Way』(三省堂)編集委員。著書に『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』(日経BP社)、『「教えない授業」の始め方』(アルク)、『学校に頼らなければ学力は伸びる』(産業能率大学出版部)ほか、監修書に『21マスで基礎が身につく英語ドリルタテ×ヨコ』シリーズ(アルク)がある。

蓑手章吾先生(HILLOCK初等部 スクールディレクター)
2022年4月に世田谷に開校するオルタナティブスクール「HILLOCK初等部」のスクールディレクター(校長)。元公立小学校教員で、教員歴は14年。主著『子どもが自ら学び出す!自由進度学習のはじめかた』(学陽書房)、共著に『知的障害特別支援学校のICTを活用した授業づくり』(ジアース教育新社)、『before&afterでわかる!研究主任の仕事アップデート』(明治図書出版)など。

木川俊哉(株式会社COMPASS 未来教育部 部長)
2018年から3年連続で経済産業省「未来の教室」実証事業を受託し,麹町中学校や新渡戸文化中学校をモデル校としてAI型教材「Qubena(キュビナ)」を活用した実証に運営責任者として従事。ICT教材を活用した授業モデルや評価制度の構築を様々な学校に提供する傍ら、自身でも教科横断型の探究的なワークショップを学校や教育事業者を通して100回3,000人以上の子どもたちに行っている。令和2年度のSTEAMライブラリ事業では,水産資源の持続可能性を探究するコンテンツを制作し提供した。現在,「Qubena 小中5教科」のプロダクトマネージャーとして学校現場に寄り添いながら教材の開発を行っている。

【Edvation × Summit 2021 Online 概要】
URL:  https://www.edvationxsummit.jp/

◆日時: 2021年11月18日(木)、19日(金)、20日(土)、21日(日)
◆場所: オンライン
◆主催: 一般社団法人教育イノベーション協議会
◆参加費: 無料(要申し込み)
◆申し込みURL:  https://es2021.peatix.com/
◆動員見込数: 10,000人(昨年実績:約6,000人)

<「Qubena小中5教科」について>
AIが、児童・生徒一人ひとりの習熟度や定着度に合わせて最適な問題を出題するアダプティブラーニング(個別最適化)教材です。タッチパネルに対応したPCやタブレット端末とインターネット環境があればどこでも学習ができるWebアプリケーションで、先生用の管理画面では児童・生徒の学習履歴をリアルタイムに確認できます。小学校・中学校の主要5教科に対応しており、全国の小中学校1,800校、約50万人にご利用いただいています。
https://qubena.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング