「もっと楽しく、ずっと幸せに暮らせる住まいづくり」をご提案する エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 発売 ~4月28日(土)より、和泉第二阪和展示場にてモデル公開~

PR TIMES / 2012年4月26日 14時0分



「もっと楽しく、ずっと幸せに暮らせる住まいづくり」をご提案する
エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 発売
~4月28日(土)より、和泉第二阪和展示場にてモデル公開
人と人との繋がりを生む仕掛けを凝らしたスマートハウスをご提案~

エス・バイ・エル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:荒川俊治、以下「エス・バイ・エル」)は、創業60周年を迎えるにあたり、お客様の住まいづくりへの思いやライフスタイルを踏まえ、理想を超えた住まいをつくり上げる注文住宅(邸別設計)の60周年記念モデル第9弾として、“地域社会の心豊かな暮らしを育み、人と人との繋がりを生む仕掛けを凝らした住まい”をご提案する「はぐくみ(http://www.sxl.co.jp/60th/happy_design/hagu/index.html)」を、平成24年4月28日(土)より販売開始致します。
また、この「はぐくみ」モデルは、4月28日(土)より和泉第二阪和展示場(大阪府和泉市富秋町)(http://www.sxl.co.jp/sxl-network/kinki/osaka/0137/index.html)にて公開致します。

エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」は、昨年4月より発売開始しております、60周年記念モデルシリーズの第9弾で、“土間、吹抜け、床座の居間、仕切りのない大空間等、地域社会の心豊かな暮らしを育み、人と人との繋がりを生む仕掛けを凝らした設計”をコンセプトに、現場(支店)主導型で開発を進めて参りました。世代を越えた様々な人々が語り合い、人と人との絆・繋がりを生み、子供達にコミュニケーションの大切さを教えられるようなスマートハウスをご提案致します。

「はぐくみ」は、ゆるやかな屋根勾配と深い軒によって、落ち着いた佇まいを醸し出す外観デザインで、窓や格子に無垢材を多用することで、日本の伝統的な街並みにも調和する住まいです。
通りに面して、大きな開口部や、独特の柔らかさ・温もりを感じさせる三和土(「土間」)を設け、ご近所の方々が気軽に立ち寄れる雰囲気を実現しました。また、そのまま、大きな掘りごたつのある広々とした居間に上がって寛いで頂ける、床座の暮らしもご提案致します。
室内は、壁による仕切りを可能な限り減らし、大きな吹抜けを設けてオープンにし、住まいのどこにいても家族がお互いの気配を感じられ、人と人との繋がりを生む設計に致しました。キッチンからは、居間や土間、玄関、和室まで見通せ、更に、中2階にも視線が届き、お客様にも家族にも細かい配慮が行き届きます。
改まったお客様のおもてなしには、玄関を上がった正面に、襖を閉めることで独立した空間となる和室を設けました。
また、“自分の部屋に閉じこもらず人と触れ合う暮らしを送って欲しい”という思いを基に、「子供部屋」は“寝る場所”と割り切り、「勉強スペース」を、開かれた中2階に配し、吹抜けを通して階下の様子がわかるように致しました。この工夫により、子供達が、家族とご近所様との交流を垣間みながら、人と人とのコミュニケーションを学ぶ“勉強”の空間も実現致しました。
更に、自然と共生する住まいとして、植栽にこだわり、主庭、後庭、側庭の他、2階ホールや浴室からも坪庭が眺められ、自然を慈しみ、自然の癒しを感じることのできる、省エネルギー性を追及したご提案も致します。
太陽光発電システムの他、HEMSやリチウムイオン蓄電池、LED照明やオール電化、電気自動車用コンセント等のスマートアイテムを搭載し、光熱費の削減を目指した環境に優しいスマートハウスを実現致しました。

エス・バイ・エルは、創業60周年を迎えた最も歴史の長い住宅メーカーとして、これまでに蓄積された技術力・設計力・デザイン力を結集した、“エス・バイ・エルらしい”、“ずっと強い”住まいのご提案により、お客様により高いご満足を頂けるよう、一層努力して参ります。

--------------------------------------------------------------------
エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 コンセプトと特徴
--------------------------------------------------------------------
■エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 コンセプト
「はぐくみ」は、“土間、吹抜け、床座の居間、仕切りのない大空間等、地域社会の心豊かな暮らしを育み、人と人との繋がりを生む仕掛けを凝らした設計”をコンセプトに、世代を越えた様々な人々が語り合い、人と人との絆・繋がりを生み、子供達にコミュニケーションの大切さを教えられるようなスマートハウスを実現しました。住まいそのものが地域や家族のコミュニティの場として機能し、地域との交流や家族の触れ合い、子供の成長を育む住まいである為に、様々な仕掛けを凝らしました。

■エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 特徴
1.昔ながらの土間空間
玄関・居間・庭に面し、細長く続く土間空間は、独特の柔らかさや温もりを感じさせる三和土で、人がよく踏む所は窪み、人々が訪れた記憶を刻みます。庭からも直接出入りが可能な為、居間に腰掛けて談笑したりお茶を飲んだりと、ご近所の方も気軽に立ち寄れる設計です。

2.ご近所・家族が気軽に集える居間
大きな掘りごたつのある広々とした居間は、家族の団らんやご近所の方々との集会も開けるコミュニケーションの場であり、多人数でも気軽に集まり寛げる、床座の暮らしをご提案します。玄関や階段との仕切りがない開放的なつくりを実現し、必要に応じて、ついたてで仕切れるよう工夫を凝らしています。

3.隅々まで目が届くキッチン
キッチンからは、居間や土間、玄関、和室まで見通せ、更に、中2階にも視線が届き、お客様にも家族にも細かい配慮が行き届く設計です。また、床面を下げている為、掘りごたつに座る人と目を合わせての会話が可能で、背後に配したワイドなキッチン収納は、多数の食器や調理器具等をすっきり片付けることができます。

4.融通性の高い和室
居間との連続性を持った、玄関を上がってすぐの和室は、襖を閉めることで独立した空間となります。改まったおもてなしの席や、遊びに来た親戚・友人の泊まる場所等、用途に合わせて柔軟に使用可能な空間です。

5.広々家事コーナー
キッチン横には、窓辺にワイドなデスクや本棚を造作し、ウォークインタイプのパントリーを設けた家事コーナーを配しました。オープンな設計でありながら、収納力があり、スムーズな家事を実現します。

6.中2階の勉強スペース(子供の空間)
“自分の部屋に閉じこもらず人と触れ合う暮らしを送って欲しい”という思いを基に、子供部屋は“寝る場所”と割り切り、勉強スペースを中2階に配しました。兄弟で一緒に過ごすのみでなく、地域や社会の生き方を学ぶ“勉強”として、吹抜けを介して両親や近所の人々が触れ合う様子を感じられます。

7.多目的な2階ホール
カウンターや収納を設けた2階ホールは、居間や中2階とも連続性のある空間で、洗面室や物干しのあるバルコニーと隣接した家事スペースとして機能する他、セカンドリビングやプレイルーム等、暮らしの中の様々な場面で使用可能な多目的空間です。

8.自然と共生する住まい
植栽にこだわり、主庭、後庭、側庭の他、2階ホールや浴室からも坪庭が眺められ、自然を慈しみ、自然の癒しを感じることのできる住まいをご提案します。また、太陽光発電システムの他、HEMSやリチウムイオン蓄電池、LED照明やオール電化、電気自動車用コンセント等を搭載し、省エネルギー性を追及した住まいを実現しました。
--------------------------------------------------------------------
エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 概要
--------------------------------------------------------------------
■モデル名   「はぐくみ」(http://www.sxl.co.jp/60th/happy_design/hagu/index.html
■発売日    平成24年4月28日(土)
■販売価格   邸別設計による個別積算(3.3m2 あたり70万円から)
■プラン数   注文住宅(邸別設計)
■販売地域   全国(ただし北海道、沖縄及び一部の地域を除く)
■構造     「SxL構法」
<エス・バイ・エル60周年記念モデル 第9弾 「はぐくみ」 プラン>
https://prtimes.jp/data/corp/704/c3b976806327e9db8ab0b2dae06a2baa.pdf
---------------------------------------------------------
エス・バイ・エル 和泉第二阪和展示場
---------------------------------------------------------
■公開開始日時: 平成24年4月28日(土)
■場所    : 大阪府和泉市富秋町二丁目10番23号(ABCハウジング和泉・第二阪和住宅公園内)
■お問合せ  : 和泉第二阪和展示場 
         TEL:0725-40-3035
■URL     : http://www.sxl.co.jp/sxl-network/kinki/osaka/0137/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング