ガルーダ・インドネシア航空: 2013年度の業績及び2014年度の経営計画を発表

PR TIMES / 2014年2月24日 16時18分



ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:エミルシャ・サタ
ル)は、2014年2月10日(月)、2013年度の業績と2014年度の経営計画を発表しました。

2013年度の業績は、以下の通りです。

【2013年度の業績】
売上高:37億2,000万USドル(前年度増減率 +7.1%)
営業利益:5640万USドル(-66.4%)
当期利益:1,120万USドル(-89.9%)
旅客数:2,497万名(+22.3%)
搭載貨物:345,923トン(+23.4%)
ASK(有効座席キロ):431億3,000万(+19.8%)
イールド:9.06 USセント(-6.1%)
運航便数:196,403便(+28.1%)
機材稼働時間:10時間44分
ロードファクター:74.1%(-1.8%)

2013年度の業績結果は、ドル高によるルピアの大幅な下落、また、ガルーダ・インドネシア航空およびシティリンクへの新規機材投資が大きく影響しました。

■新規導入機材
2013年には、以下の36機の機材を新たに導入、保有機体数は140機(平均機体年齢5年)となりました。
・ ボーイング777-300型機:4機
・ エアバスA330-200型機:2機
・ エアバスA330-300型機:1機
・ ボーイング次世代737-800型機:10機
・ ボンバルディアCRJ-1000 NextGen型機:7機
・ ATR72-600型機:2機
・ シティリンク用エアバスA320型機:10機

【路線網の拡大および新サービスの提供について】
■新規開設路線
<国内線>
バンドン - デンパサール路線
バタム島 - ペカンバル路線
バリクパパン - バンジャルマシン路線
バリクパパン - マナド路線
バリクパパン - ベラウ路線
ジャカルタ - ブンクル路線
ジャカルタ - パンダルランプン路線
ジャカルタ - タンジュンピナン路線
マカッサル - ソロン - マノクワリ - ジャヤプラ路線

<国際線>
スラバヤ - シンガポール路線
デンパサール - ブリスベン路線
ジャカルタ - 大阪(関西)路線
ジャカルタ - パース路線

<コードシェア提携による路線網の拡大>
エティハド空港とのコードシェア提携により、欧州および中東地域6箇所(フランクフルト、ブリュッセル、ミラン、デュッセルドルフ、ミュンヘン、バーレーン)へネットワークを拡大しました。

■クアラナム国際空港のハブ空港化
2013年5月にはインドネシア西部にあるメダン空港のハブ空港化計画を実行しました。これはメダン空港から周辺都市(ペカンバル、バタム、パレンバン、パダン、アチェ特別州、ペナン等)への利便向上を目指すもので、これらの路線はボンバルディアCRJ1000型機で運航しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング