~ブランケットやハンカチタオルなど、様々なシーンに使えるラインナップが充実~セシールが「今治タオル」の新アイテムを販売開始

PR TIMES / 2012年2月28日 15時40分



株式会社セシール(本社:香川県高松市、代表取締役兼CEO:上田 昌孝、以下 セシール)では、約120 年近い歴史を誇り国内最大規模のタオル名産地として知られる、愛媛県今治市のタオルメーカーとの共同企画による国産オリジナルタオルを好評発売中ですが、さらに新たな「今治タオル」シリーズとして、ブランケットやハンカチタオルなど、全4 アイテムを2012 年月3 日1 日(木)より、カタログ及びオンラインショップにて販売を開始します。

軽くてやわらか、肌ざわりが心地よいブランケット&タオルケット
今回発売となる「今治タオル」シリーズには、これからのシーズンにもぴったりのブランケットとタオルケットの2 アイテムが新登場です。
『ふわっと軽い今治ブランケット』は、ふんわりと柔らかい中央アジア産フェルガナ長綿を使用。パイル地とワッフル地の組み合わせで織られており、素肌にしっとりとなじむ軽い掛け心地です。大きさはハーフサイズながら大判タイプ(110×150cm)で、使い勝手が非常によいアイテムです。
また、『さらっと軽い片面ガーゼ今治タオルケット』は、吸汗性・通気性がよいガーゼ素材で、非常に軽いタオルケットです。ガーゼ特有のシャリ感はあまりなく、さらっとしなやかでやわらかな肌触りです。

「今治タオル」の品質を携帯できるハンカチタオルにも
さらに、普段も「今治タオル」の感触を十分に楽しんでいただけるよう、携帯できるタオルハンカチ等も新発売します。
『極甘撚り高密度ジャカード織今治タオル』は、ハンカチタオルとフェイスタオルの2 種類のサイズをご用意。高密度で織り上げたダマスク柄で、極甘撚り(標準的な撚る回数よりもかなり少ない回数で撚られたもの)のため、ふわっとして大変ソフトな肌触りが特長です。素材には上質なアメリカン・サンホーキン長綿を使用しました。
一方、ハンカチタオルサイズの『甘撚りオーガニック今治タオル』は商品名の通り、オーガニックのインド綿を使い、こちらもふんわりとした風合いに仕上げました。パステル調の明るい色合いで、ジャカード織りによるフラワーモチーフがかわいらしい印象です。

セシールでは、今後も品質にこだわった「今治タオル」関連アイテムを、様々なライフシーンにご提案すべく、商品ラインナップを充実させていく予定です。

伝統と歴史ある今治タオル
「今治タオル」は愛媛県北部に位置する現在の今治市において、明治時代に誕生しました。約120 年ものタオル産業の長い歴史があるこの地域は、日本を代表するタオル産地として広く知られています。もともと今治では、江戸時代から綿織物が盛んであったこと、また、豊かな自然に恵まれ、タオル作りの過程である「晒し」や「染め」に適した良質な水が豊富なことから、国内最大規模のタオル産地へと発展していきました。さらに、吸水性や脱毛率等いくつもの厳格な品質基準が設けられており、高いクオリティを誇るタオルブランドとしても知られています。現在、今治市や四国タオル工業組合による「JAPAN ブランド」としての育成及び世界に向けた各種発信も積極的に行われています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング