フリースケール、データセンター向けソリューションを拡張する 暗号化コプロセッサ「C29x」を発表

PR TIMES / 2013年2月5日 14時15分

データセンター内のセキュア・ネットワーク・トラフィックの増加にスケーラブルに対応する、 コスト・パフォーマンスに優れた最新のセキュリティ・デバイス

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、急成長を続けるデータセンター市場に引き続き対応するべく、暗号化コプロセッサ「C29xファミリ」を発表しました。この新しいセキュリティ・アクセラレータを採用することで、世界トップのデータセンター設備メーカーは、セキュア・ネットワーク・トラフィックの劇的な増大に効率的に対応できるようになります。

新しいC29x暗号化コプロセッサは、マルチチップのシングルPCI-Eカード・ソリューションにより、毎秒12万以上のRSA-2048演算を実現し、今日の市場シェア・リーダーが提供する高価なPCI-Eオプションの3倍以上の性能を発揮することができます。

フリースケールの副社長 兼 デジタル・ネットワーキング・グループのプロダクト・マネージャであるタレク・ブスタミは、次のように述べています。「インターネット・トラフィックのセキュリティ要求はますます厳格かつ複雑になっていますが、現在のセキュリティ・コプロセッサ市場では、ごく少数のベンダーしか製品を提供していません。顧客からは、高性能でコスト効率と消費電力効率に優れたコプロセッサを求める声が上がっています。フリースケールは、通信プロセッサ部門のリーダーシップと30年にわたる組込みセキュリティの研究開発投資を活用し、新しいC29x暗号化コプロセッサを開発しました。この新ファミリは、データ量の爆発的な増大に対処する上でデータセンターが必要とするセキュリティとスケーラビリティを実現します。」

世界のモバイル・データ・トラフィックは、今後5年の間に18倍に増大すると見込まれています(出典:「Cisco(R) Visual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast, 2011 to 2016」)。ネットワーク・セキュリティ性能への要求は、暗号化をRSA-1024ビットからRSA-2048ビットへ移行するよう求めるアメリカ国立標準技術研究所(NIST)の勧告に基づき、5倍に増加します。スケーラブルなセキュリティ・コプロセッサは、データセンターやクラウド・コンピューティングをはじめとして、銀行や政府、防衛用の設備で利用されるセキュリティ・アプライアンスやハードウェア・セキュリティ・モジュールなど、幅広いアプリケーションにおいて極めて重要な役割を果たすと考えられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング