台風30号で被災されたフィリピンの皆さまへの 緊急災害復興支援金贈呈について

PR TIMES / 2013年11月11日 14時40分

イオンは、本日11月11日(月)、フィリピン共和国中央部を直撃した台風30号(ハイエン)で被災された方々への緊急災害復興支援金として1,000万円を贈呈します。

11月8日(金)、フィリピン中央部レイテ島に上陸した猛烈な台風30号は、レイテ島のタクロバン市を中心に暴風雨や高潮による甚大な被害をもたらしました。現地報道によりますと、11月11日(月)現在、被災された方は970万人に達し、多くの方が亡くなられています。今も、道路や生活インフラが寸断されたエリアがあり、救助・復旧活動が難航しています。

このような事態を受け、イオンは、このたびフィリピン共和国大使館へ下記の通り、緊急災害復興支援金を贈呈し、復興に役立てていただきます。

なお、イオンは2009年、2011年、2012年に発生した台風被害の際にも、フィリピン大使館へ災害復興支援金を贈呈しています。


▼概要

1.日時:
 11月11日(月)16:30
2.場所:
 フィリピン共和国大使館(東京都港区六本木5-15-5)
3.出席者:
 駐日フィリピン共和国大使館特命全権大使  マニュエル M.ロペス 閣下
 イオン株式会社取締役兼取締役会議長 イオン1%クラブ委員長 林 直樹
 イオンフィナンシャルサービス株式会社代表取締役社長 神谷 和秀
 ミニストップ株式会社代表取締役社長 宮下 直行
4.贈呈金額:
1,000万円

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング