インターネットバンキング利用者のCX(顧客体験)を簡易診断!『Simple CX Survey for Online Banking』の提供を開始

PR TIMES / 2020年10月8日 11時15分

プレイドとEmotion Techの協業第4弾サービス、無償にて提供

CXM(顧客体験マネジメント)クラウド「EmotionTech」を提供する株式会社Emotion Tech(代表取締役:今西良光、以下Emotion Tech とする)は、CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太、以下プレイド とする)と共に、インターネットバンキング事業者向けのCX簡易診断サービス『Simple CX Survey for Online Banking』を無償で提供することを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21205/83/resize/d21205-83-358523-0.png ]



◆ 実施背景
2020年5月25日(月)、Emotion Techとプレイドは、CX向上を軸とした戦略的パートナーシップの締結を発表しました。今回の『Simple CX Survey for Online Banking』は、第1弾のEC事業者向けサービス、第2弾のアプリ事業者向けサービス、第3弾のBtoBのSaaS事業者向けサービスに続く、協業サービス第4弾となるインターネットバンキング事業者向けのCX調査です。
2017年3月、金融庁が「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表以降、各金融機関がそれを採択し、基本方針を策定する中で、金融サービスの提供における顧客体験(CX)向上に取り組むことの重要性が、近年高まっています。更に、実店舗の統廃合やコロナ禍における外出自粛などで、インターネットバンキングを利用する生活者は急増しています。 サイトやサービスの使いやすさはもちろん、各種手数料やオンラインで完結できる取引の充実度など、ユーザーに選ばれるための良質な体験の提供こそが、継続利用や利用者の拡大において非常に重要だと考えられています。

今回は、インターネットバンキング利用者の体験を調査・分析することで現状把握を行い、サービスの正しい改善に繋げていただきたいという想いから、『Simple CX Survey for Online Banking』の提供を決定いたしました。


◆ サービス概要

・サービス名
『Simple CX Survey for Online Banking』

・価格
 無料

・サービス内容
[画像2: https://prtimes.jp/i/21205/83/resize/d21205-83-386283-1.png ]


サービスに対する利用者の意見を、正確に調査。 
インターネットバンキングの利用者に向けて、NPS(R)(ネット・プロモーター・スコア)を中心とした簡単なアンケートを実施します。

【調査項目】
・サービスに対する推奨度(NPS)
・各種設定のしやすさ
・操作の分かりやすさ、使いやすさ
・機能の充実度(行いたい取引・手続きがネットで完結できるか)
・各種手数料(振込手数料など)
・キャンペーンや各商品のご案内の分かりやすさ、お役立ち度
 などをはじめ、金融機関が提供するCX(顧客体験)を網羅的に調査します。

シンプルな設定で、手軽にサービス上でCX調査。分析レポートも受け取れる。
用意されたタグを設置し、簡単な設定を行うだけで、希望のページにアンケートをポップアップ表示することが可能です。集まった回答データを基に、分析レポートを受け取ることができます。

他行の平均データと比較しながら、自社サービスの強み・弱みを特定。
レポートでは顧客がどの体験を魅力的と感じてサービスの利用を続けるのか、また一方でどの体験が顧客の不満を募らせてしまっているのかを、同サービスを利用する他行の平均データと比較しながら明確に特定することが可能です。

■ご利用申込みについて
サービス利用は下記よりお申し込みいただけます。
https://www.emotion-tech.co.jp/simple-cx-survey
※お申し込みは法人の方のみの受付です。


このサービスを通して、より多くの金融機関の皆さまにCX(顧客体験)の重要性を実感していただきながら、企業活動にお役立てていただければ幸いです。
今後もEmotion Techは、CX(顧客体験)向上のためのサービスをプレイドとともに共同開発していきます。


KARTEについて
「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。ECをはじめ、人材や不動産、金融など幅広い業種で活用されています。2015年の3月に正式提供を開始して以降、年間の流通解析金額は1兆円を超えています。

株式会社プレイドについて
当社は「データによって人の価値を最大化する」をミッションに掲げるテクノロジーカンパニーです。2015年にCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の正式提供を開始しました。2018年にはスマートフォンアプリ向けの「KARTE for App」と、顧客に関わるあらゆるデータをKARTEと繋ぐ「KARTE DataHub」の提供を開始しています。

EmotionTechについて
顧客体験向上クラウド「EmotionTech」は、NPS(R) (ネット・プロモーター・スコア)をはじめとした感情データを基に、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の分析・改善・マネジメント支援を行うクラウドサービスです。

株式会社Emotion Techについて
感情データを収集し解析することで、顧客体験価値の向上をサポートする「EmotionTech」、従業員体験価値・エンゲージメントの向上をサポートする「EmployeeTech」を提供。正確な顧客、従業員の感情データの取得及び、特許を取得している独自の解析技術により組織課題の可視化と改善実行を支援します。


※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ ネット・プロモーター(R) 、ネット・プロモーター・システム(R) 、ネット・プロモーター・スコア(R)及び、NPS(R)は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング